手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

代表プロフィール

株式会社店頭販促コンサルティング
代表取締役 中村心

大学卒業後、ファッションメーカーに就職。百貨店配属となり販売員として勤務し、店長まで経験した後、退職。

その後は、通販会社でのDMやHP等の各種販促物の制作、経営書籍専門の出版社にて企画編集を経て、独立。

現在は、全国のお店の店頭改善のアドバイス・提案コンサルティングを実施し、数多くの実績を挙げている。

多彩な職歴の現場で得たマーケティング知識に加え、20万店以上のお店を自らの足で見て回って体系化した売れる店頭販促メソッド”を元にお店のファサード改善のアドバイス・提案コンサルティングを提供しており、評価が高い。

また、店長・スタッフ向け企業研修も積極的に実施。一部上場企業のほか、公的機関から街の商店街まで、開催実績は豊富。

各種専門誌でも店頭販促の専門家として、定期的に執筆中。

 

 

●著書
つい入りたくなるお店がやっている 店頭手書きボードの描き方・作り方」(日本実業出版社) ※中国語版・台湾版も翻訳発売中!
3パーツを書き込むだけ! お客様が集まる店頭〈手書き〉ボード」(日本実業出版社)
「ブラックボード手書きガイドブック」(レイメイ藤井)

→ 書籍の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

●コンサルティング・セミナー実績
セキスイハイム(株式会社積水化学工業) / リクルート / 株式会社ルネサンス /公益財団法人東京都中小企業公社 / ピザハットナチュラル / 横田富佐子総合美容文化会 … 等(順不同/敬称略)

→ コンサルティング・セミナー実績の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

●メディア
商業界 / 販促会議 / 新宿商人 / 飲食店経営 / 食品商業 / 日本外食新聞 / HAIR NEW MADAM / TV神奈川 / FM TOKYO  …等

→ メディア実績の詳細はこちらをご覧ください。

 

 

略歴、起業のきっかけ

■大学を卒業後、ファッションメーカーへ就職
都内百貨店にて、販売員として勤務。
入社数年後、店長就任。商品発注から売上管理、アルバイトスタッフ教育に従事。

 

■法人向け商材を取り扱う通販会社に転職
「外注をしない方針」の会社であったため、 商品企画から、DM・新聞広告制作、ホームページ制作まで担当。
パソコンさえ、まともに使ったことがない状態でのスタートでしたが、実務を通じて販促の基礎から活用方法まで、幅広い経験を蓄積。

 

■ビジネス書籍専門の出版社へ転職
経営ビジネス書籍専門出版社へ。〝販売促進〟に関する著者・書籍を専門に編集担当したことで、更に、深い販促知識について造詣を深める。

 

数度の転職で、販促の奥深さや必要性について、強く感じるようになっていました。
事実、とても良い店・商品・サービスなのに、なかなか、お客さんの目に留まらず、 埋もれてしまっているということがよくあります。
それは、きちんとした販促活動を行っていないからです。

逆に、販促活動をきちんと正しく行えば、 決して埋もれさせることはありません。
良い商品・サービスを求めているお客さんの元へ届けることが出来ます。
そうすればお客さんは喜ぶし、もちろん、お店側も嬉しい。
販促とは、皆が幸せになることであり、一生、販促に関わる仕事をしていきたいという気持ちが芽生え始めていました。

 

その頃、ちょうど、〝ある出来事〟がありました。
それは、拙著【店頭〈手書き〉ボードの描き方・作り方】の前書きに書かれているエピソードです。

book
店頭ボードの描き方・作り方(日本実業出版社)

 

以下、本より一部抜粋です。

「私の親友が、長年の夢をかなえ、一軒の小さなBARを出しました。
しかし、経営は、なかなか、軌道にのりません。
そのうち、貯金していた資金はどんどん減っていきます。
彼女には、販促をしたくても資金は残り少なく、自分でHPを作れるほどの技術もありませんでした。

どうしたら私は彼女を救えるのか・・・。

それまでの職歴で得た、販促の知識を総動員して考えている時に目に留まったのが、
ある飲食店の店頭でうずくまっている店員さんです。
その店員さんは店頭ボードに文字を書いていました。

その瞬間、私はひらめきました。
店頭ボードならば、そう高価なものではないし、文字さえ書ければ、専門知識や技術は必要ない!!
そこで私は実際に都内を中心に、のべ5万店舗以上の店頭を見て回りました。。
その結果、繁盛店・人気店の店頭には共通のルール・法則を発見したのです。」

 

この法則をまとめたのが 【店頭〈手書き〉ボードの描き方・作り方】 という本です。

元々は、小さなきっかけから始めた〝店頭販促〟の研究でしたが、 リサーチ・勉強を続けるにあたり、 店頭販促はお店の集客において、非常に重要であると強く感じるようになりました。
一方で、チラシやDMやHP、クーポンばかりが注目され、店頭ボードを重視しているお店が少ない現実に気付きました。
そして、私は自然とこうした思いを抱くようになっていました。

店頭ボード・販促を改善すれば、集客力は飛躍すると気づいてほしい!
一軒でも多くのお店にそれに気づき、繁盛店になってほしい!

 

■株式会社店頭販促コンサルティング、設立

一軒・一社でも多くの方に、店頭販促の重要性に気付いてもらい、繁盛してもらうためのサポートをするべく、店頭ボードおよび店頭販促コンサルタントとして独立しました。

現在は、全国のお店の店頭販促の改善・指導のお仕事をしています。
また、店長・スタッフ様向けに研修セミナーを実施し、店頭販促の重要性や有効な活用方法についてのレクチャーも行ってます。