手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

桂林様

駅徒歩1分、複数飲食店が入っているテナントビルの2階にあり、ビルの前は朝から晩まで人通りが多い好立地にある中華料理の桂林さま。

keirin-1
1986年の創業以来、多くの常連さんに愛されていらっしゃる一方、新規のお客様の少なさがお悩みということ。
今回、店頭販促の改善にて、そうした現状を打破したいということで、ご縁を頂きました。

 

 

弊社ではご依頼を受けますと、まず、お店を訪問させて頂き、様々なチェックをさせていただきます。

例えば
●現状のお店の外観・ファサード、店頭販促の実施状況などのチェック。
店の正面からはもちろん、数十メートル離れた位置からは、お店はどう見えるのかなど、実際に店の周囲を歩きまわり、四方八方から確認します。
同時に、周囲にある競合店の状況なども合わせて見ます。

●店前の人通りはどうか、どれくらいの人数が通るのか、どんなタイプの方が店の前を通り過ぎるかといった、通行人の調査。

他、独自のチェック項目に従い、現状の店頭の弱点を確認します。 それらが終わったあとに、お店の方針や悩み、希望などを丁寧にお伺いしています。
(代表コンサルタント 中村)

 

 

■情報量を絞って、シンプルで分かりやすい店頭に

Beforeでは、複数のPOP・ポスター・チラシが貼られており、情報量が多すぎると感じました。
アレも伝えたい、コレも伝えたい! もっと道行く人にお店のことを知ってもらいたい!
お店の方が、こう考える気持ちは、とっても、よく分かります。
しかし、店頭ボードは、店の前を通り過ぎる一瞬で、内容を理解してもらい、「この店に入ってみたい!!」と、お客様の心を掴む必要があります。
そこで、まず、ごちゃごちゃしていた店頭販促の内容を絞ってシンプルに。 一瞬で、内容を理解してもらえるような店頭販促へ変更しましょう、とご提案をいたしました。

 

keirin-beforeafter1

 

■名物料理をウリにして、新規客を獲得!

また、最初のヒアリングから、「新規のお客さんをもっと増やしたい」というご要望を伺っていました。
店頭販促にて、新規客を獲得するには色々な方法がありますが、今回は元々の桂林さんの名物料理である、マーボー豆腐を全面に出す、「絶品マーボー」のタペストリーをご提案しました。
あえて、細かい説明をせず、「絶品マーボー」とだけすることで、好奇心をあおり、「どんな料理だろう」と興味を持ってもらおうという戦略です。

 

タペストリーの「絶品マーボー」の横には、ちょっと見づらいですが、「1986年から中華料理店を営む(略)」というキャッチを入れるようご提案しました。
これは、【美味しさの証拠】をアピールするために使った言葉です。
このご時世に、約30年近くも営業を続けているという事実。
つまり、通い続けてくれるファンがいるから店を営業続けることが出来ているのです。
多くの人に支持され続けるということは、きっと美味しいに違いない。 こういった印象を与えることが狙いです。

 

 

 

桂林さまは、上記場所以外にも、店頭販促を実施してる場所が数箇所あり、そちらの方もコンサルティングをさせていただきました。

keirin-beforeafter2

 

店頭ボードについては、お店に最適と考えられるイメージ見本をこちらでおつくりいたします。それをそのまま真似して書くだけで、集客力のある店頭ボードが作れます。 (代表コンサルタント 中村)

 

■弊社が製作した見本サンプルイメージ

keirin-teian1 keirin-teian2

 

■弊社見本サンプルイメージを元に、桂林さまが製作した実際の店頭ボード

keirin9

 

桂林さまは、もともと、地元の大人気店でしたが、私どもでご提案させていただいた「絶品マーボー」のタペストリーへの変更後、たった2週間でマーボーを頼むお客さまが平日309%に。もちろん、その多くは、念願の新規のお客さまだそうです。
今までのファンの方に加え、どんどん、新規のお客さまも増えているそうで、今まで以上に大繁盛されているようです。 (代表コンサルタント 中村)

 

 

 

コンサルティングに関するお問い合わせはこちらへ

※内容に関する質問、お見積りなど、気になることがありましたら、ご連絡ください。
決して、無理な営業は致しませんので、お気軽にどうぞ。

 

実績トップページへ戻る