手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

スポーツクラブルネサンス B店(福岡県)の事例

B店について(福岡県)

B店は、交通量の多い幹線道路沿いにある店舗のため、ファサード販促の対象の殆どは、「自動車・バイク・自転車向け」。しかし、B店のファサード販促は、「自動車・バイク・自転車向け」に最適なファサード販促とは言い難い状況でした。
「歩行者向け」と「自動車・バイク・自転車向け」のファサード販促は考え方が全く違います。
そこで、「自動車・バイク・自転車向け」のファサード販促へと改善する必要がありました。

 

ファサード(1)BEFORE

店舗の前の幹線道路からの写真。横断幕やパネルなどがあります。
店舗は奥まった位置にあるため、以下の部分が最も多くの人に見てもらえる販促位置です。

B店のコンサルティングの際には、実際に車で走行し、ファサード販促をチェック。
当初の想定どおり、「自動車・バイク・自転車向け」のファサード販促としては、情報量が多すぎるため、内容を理解することができませんでした。

 

弊社からの改善コンサルティング
現場調査及び担当者とのヒアリングを経て、弊社では、走行中でも分かりすく、施設の魅力が瞬時に理解してもらえるファサード販促として、横断幕及び看板デザインの変更を提案。

コンサルティング提案書には、実際に看板やパネル等を設置した際のイメージ写真の他、「なぜ、このデザインの看板を出すと集客力が増すのか?」というファサード販促理論の説明も記載。
そのため、施工後のイメージが湧きやすい上、ファサード販促理論を理解することができるので、看板制作の依頼もスムーズに可能。

 

ファサード(1)AFTER

最終的には、以下のような横断幕と看板を設置。

走行中でも見やすく、施設の魅力が分かるようなファサード販促となりました。

 

 

ファサード(2)BEFORE

B店の場合、「ファサード販促のデッドスペース」が数多くありました。「ファサード販促のデッドスペース」とは、本来はファサード販促を行うことで集客増が見込めるにも関わらず、有効活用されていないスペースのこと。
弊社コンサルティングでは、店頭販促のプロならではの視点で、店舗の方には気付けない・見落としてしまっている「ファサード販促のデッドスペース」を見つけ、最適な販促物の提案もしております。

 

以下は、B店における「ファサード販促のデッドスペース」の一つ。

 

弊社からの改善コンサルティング
歩行者が目にする機会が多いフェンスの位置が全く活用されていなかったので、この位置への販促物の追加を提案。

 

ファサード(2)AFTER

最終的には、以下のような看板を設置。

 

 

ファサード(3)BEFORE

デザイン性は高いのですが視認性が悪いと感じたため、一目で分かりやすい看板への変更を提案。

 

弊社からの改善コンサルティング

 

ファサード(3)AFTER

最終的には、以下のような看板を設置。

遠くからでも施設名が分かるようになりました。

 


 

店頭ファサード販促コンサルティングの詳細はこちらをご覧ください
→ コンサルティングについて

 

他の実例は以下よりご覧いただけます。

●A店(神奈川県)の事例

●C店(千葉県)の事例