“3パーツ式店頭ボード”の基礎と描き方セミナー

飲食、整体、住宅、小売、ヘアサロン、接骨院、エステ、ネイル、雑貨、サービス…
もっと簡単に集客し、売上を伸ばせる!大好評の店頭ブラックボードの書き方実習セミナー!!

 

店頭ボードを変えれば、お客様がドンドン押し寄せるお店になれる!

今以上に集客アップを狙いたい!とは、全店に共通する願いだと思います。

では、そのためにはどうしたらよいでしょうか?
商品を充実させること?サービス力をあげること?技術を磨くこと?

もちろん、これらも正解ですが、それ以上に重要なことがあります。
それは、「どういう店頭販促を実施するのか」です。

 

「お店を選ぶ際に参考にしているものは何か?」と尋ねた調査があります。
その結果、数ある販促ツールを抑えて、40%もの人が「偶然通りかかった」と答えたそうです。

この偶然通りかかったお客さまに「入店してみたい」と思わせ、お店に引き込んだものとは、一体、何だと思いますか?
それこそが、ずばり、本セミナーでお伝えする「店頭販促」です。
店頭販促は、集客において非常に重要な鍵を握っています。
実際に、弊社の指導によって店頭販促を変えただけで、何倍にも売上をアップさせたお店がいくつも存在します。
他は、何も変えていません。変えたのは、店頭販促のみです。
店頭販促の軽視は、自らお客さま候補を捨てているといっても過言ではありません。

本セミナーでお伝えする店頭ブラックボードは、数ある店頭販促の中でも、最もコストが安く、初心者の方でも簡単に取り組める一方で、見た人を一瞬でお店の中に引き込む程の強い影響力を持つツールです。

本セミナーでは、そんな店頭ブラックボードを使ってお客さまを呼び込む方法を、店頭販促を知りつくしたプロが余すことなくお伝えします。

semi1

 

「店頭ボードの重要性は理解している。
だけど、うまく書けない…時間がない…」という方にこそ、本セミナーをお勧めします!

こんな悩みを持っていませんか?

  •  店頭ブラックボードを始めてみたい!でも、不器用だし、うまく書く自信がないな…。
    もっと、楽に、効果的な店頭ボードが書けたらいいのに…! 
  •  いつも自分ばかりがボードを書いている…。他のスタッフにもボードを覚えさせたい。 
  •  今年こそ、お店に手書き販促をスタートさせたい!誰でも簡単にボードを書けるようになってほしい!

ブラックボードの重要性を理解しているけれど、様々な理由から始められない、十分に活用できているとはいえないと思っている方は大勢いると思います。
実は、これらの悩みを解消し、簡単に、売れるブラックボードを描く画期的な方法があります。
それが本セミナーでお伝えする“3パーツ式店頭ボード”方式です。

 

womenyohaukari
“3パーツ式店頭ボードとは?”
15万店の店頭をリサーチし、店頭ボードに関する著書を多数、執筆している店頭ボード専門家・中村心が編み出した、店頭ボードの最強フォーマットです。
“3パーツ式店頭ボード”では、店頭ボードのどの位置に、どんなコピーを書けば良いか、あらかじめ決まっています。
それらの配置は、お客さまの興味と関心を引き、来店促進をするために全て計算された形であり、それに沿って文字を書いていくことで、簡単効果的な店頭ボードが作れるのです。

 

参加者が書いたボード↑ 過去セミナーにて参加者が書いた、3パーツ式店頭ボードの一部です。

 

セミナーで3パーツ式店頭を学ぶと、こんなメリットがあります。

「毎日、忙しい…。素早く、かつ、お客さまが集められる店頭ボードを書きたい!」

→ 時短で売れるブラックボードは書けます!
3パーツ式店頭ボードは、ボードのどの位置に、どんな内容を書けばいいのかが、決まっています。今までのように、「何を、どこに書こう?」と悩む時間が短縮されるので、、時短でボードが描けるようになります。

 

「文字やイラストが下手だけど、大丈夫かな…」

→ 文字やイラストが下手でも売れるブラックボードは作れます!
3パーツ式店頭ボードは、集客のために計算されつくしたフォーマットです。フォーマットが最強なので、たとえ、文字が苦手でも、イラストが描けなくても、十分にお客さまに注目してもらえるブラックボードが書けるのです。

 

「キャッチコピーづくりが苦手…」

→ 効果的なキャッチコピーの考え方もお教えします!
セミナーでは、ブラックボードについてのみならず、どんなコピーを書いたらお客さまの注目を集められるのか?どんなコピーを書いたらお客さまの購買意欲を刺激できるのか?など、効果的な文言の作り方やサンプル例もお伝えします。

本セミナーでは、講義に加え、実習時間も十分に取り、丁寧にブラックボードの基本、3パーツ式店頭ボードの書き方についてお伝えしていきますので、未経験の方でも集客力を発揮する店頭ボードが書けるようになるはずです!

 

書籍と何が違うのか?セミナーの受講を強くお薦めする理由

3パーツ式店頭ボードを含め、手書き販促ツールの書き方については、数多くの書籍で解説されていますし、何冊か、読んだことがある方も多いでしょう。
しかし、書籍を読んだだけでは、本当に効果のあるブラックボードは、まず、作れません。

自分自身では、書籍を読んで得た知識をもとに、完璧なボードを作れているつもりになっていても、店頭販促のプロのから見ると、集客の成功理論の表面をなぞっているだけで、お客さまを呼べるレベルのボードが書けている人は非常に稀です。
勉強や習い事は師がいると、いち早く成長できるものですが、それはブラックボードについても例外ではありません。

売れるブラックボードとは?売れないブラックボードとは?を知りつくしたプロの講義を聴くことで、あなたの書くブラックボードは飛躍的にレベルがあがるはずです。
実習にて直接指導を受けることで、自身の弱点を理解し、どこを改善したら、もっと売れるボードが書けるかに気づけます。

あなたが今出しているブラックボードは、自分では「売れるブラックボードが書けている」と思っているかもしれませんが、本当にそうでしょうか?絶対に大丈夫であるという、100%の自信はありますか?
本セミナーを受講すれば、不安は自信に変わり、確実に、お客さまに選ばれるブラックボードが書けるようになるはずです。

semi

 

 

セミナー主な内容

売れる店頭ボードの基本

店頭ボードならば集客が実現できる!
繁盛店ほど、店頭ボードをうまく活用している
注目アップを狙うための色ぺンの選び方
お客さまに愛される文字を書く方法
こんな店頭ボードでは、絶対に集客できない

最強の店頭ボード・フォーマット〝3パーツ式店頭ボード〟

  • 誰でも簡単に店頭ボードが作れる最強フォーマット
  • “3パーツ式店頭ボード”が集客できる秘密
  • 3つの要素のメッセージを入れるだけでOK
  • 超初心者のパート店員でも、簡単に店頭ボードが書けた!
  • 今すぐ、“3パーツ式店頭ボード”を導入すべき理由 

【実習】“ 3パーツ式店頭ボード” を実際に描いてみよう

  • 【ステップ1】店頭ボードを出す目的とターゲットの確認ボード書いている風
  • 【ステップ2】何を売り込むボードかを決めて、商品分析
  • 【ステップ3】B(ブレーキ) A(アピール) C(キャリー)のコピー作り
  • 【ステップ4】店頭ボードを書いてみよう

※実習では、マーカーとブラックボードに見立てた用紙を使い、実際にボードを書いていただきます。

ただ、出すだけではダメ!店頭ボードを200%、活用する方法

  • こんな店頭ボードは出すだけ無駄
  • 店頭ボードが持つ集客以外の大きなメリット
  • ただ書くだけじゃダメ ! 店頭ボードで利益率アップを狙う
  • 1年後のお店の財産を作るために…
  • 立地、業種による店頭ボードの役割の違い
  • 店頭ボードの目利きになるために 

店頭ボードの簡易コンサルティング

現在、お店で出している店頭ボードの写真を事前提出いただいた場合、当日、改善点等の簡易アドバイスを行います。
店頭販促コンサルタントの中村のコンサルティングを体験できる非常に貴重な機会として、毎回、好評いただいております。

セミナー風景を紹介

本セミナーの最大の特徴は実習です。
実習中は、講師・中村が受講者お一人お一人の机を周り、お店の業種業態を踏まえつつ、丁寧にアドバイスをいたします。少人数数限定セミナーとなっておりますので、お一人お一人に対して、ゆっくりとサポートが可能です。
「他の参加者の前では聞きずらい相談もできて、良かった」「自分にあったアドバイスをもらえた」「滅多にない機会で本当に参考になった!」など、毎回、好評いただいています。

 

 

本セミナーは、特に、こんな方にオススメします!

  • 店頭販促や手書きボードの基本を知って、売上増を実現したい方
  • 店頭ボードをお店に導入して、もっと集客したい方
  • もっと効率よく、売れる店頭ボードを書けるようになりたいという方
  • 既に導入しているが、効果的な店頭ボードの活用方法が学んでみたいという方
  • スタッフに売れるブラックボード作りの基本を学ばせたい方

 

講師 / 中村 心(株式会社店頭販促コンサルティング 代表取締役)

kokoroosumashiアパレルメーカー、通販会社、出版社を経て、2011年に独立。15万店もの店頭を足で見て回り、独自の“繁盛する店頭作り”を体系化。全国のお店の店頭改善のアドバイス・提案コンサルティングを実施。数多くの実績を挙げている。

多彩な職歴の現場で得たマーケティング知識に加え、常に消費者としての目線を忘れないコンサルティングは好評。低予算で集客効果があがるコンサルティング提案は、評価が高い。
また、店長・スタッフ向け研修セミナーの実施や各種専門誌への執筆活動も展開し、好評を得ている。

 

 

<著書>
「つい入りたくなるお店がやっている 店頭手書きボードの描き方・作り方」
「3パーツを書き込むだけ! お客様が集まる店頭〈手書き〉ボード」(共に、日本実業出版社)
「店頭手書きボードの描き方・作り方」の中国翻訳版「店长手绘 POP引流术」
3parts book 9k=

 

<執筆>
「商業界」「販促会議」「飲食店経営」「新宿区役所発行・新宿商人」「経営者向け雑誌・CEO社長情報」「大阪ガス商売繁盛物語」等
02261556_54eec3b9080f8 51yqltm1kfl-_sx353_bo1204203200_ sinjuku02-1

 

<セミナー実績>
ピザハット・ナチュラル (ナチュラル・ダイニング株式会社) 様
株式会社ルネサンス 様
公益財団法人 東京都中小企業振興公社 様
東京都葛飾区 立石図書館 様
リクルート 様 等

 

 

◆参加者の声
・実習の時間が多く、実際に作って添削してもらえたので良かったです。

・今まで何となく作成していた店頭ボードから、本来やるべきことや本気でやることの大切さを感じました。
何となくではなく、あるべき姿を見つつ実行することで、自分自身の成長にも繋がると感じました。また是非参加したいと感じました。ありがとうございました!

・店頭ボードの書き方のルールを具体的に学べて良かったです。

・今年からボードを設置するようになり、中村先生の書籍を参考に見よう見まねで描いていたのですが、 今回のセミナーを受けて、より効果的な方法を学ぶことができました。 また、セミナー中、実際に中村先生にファサードや店頭ボードを添削して頂いて、とても勉強になりました。

実例が多くて分かりやすかった。

・店頭ボードの作り方を今まで教わった事がなかったので、今後に向けてどうしていけばよいかとても勉強になりました。 今回のセミナーに参加したことによって店頭ボードに対する思いが熱くなりました。

・店頭ボードの必要性や利点が改めて分かった

・センスのあるPOPが作れず困っていたので良かった

・セミナーを受講するまでは、自己満足の領域のボードであったと感じています。
これからは、ターゲット、読みやすさ、伝わりやすさ、読んでくれる方の立場になって書いていきたいと思います。 今日、さっそくご指摘いただいた箇所に注意しながらボードを書いてみました。スタッフからは読みやすくなったと褒められました。

・実践的な講義で、表現することの重要性に気付いた

・先生の本を読んだ時に、自分で考えて書くことができるのか不安でしたが、中村先生のセミナーを聞いてみて自分にもできる気がしました。 セミナーを聞いて終わりにするのではなく、工夫を凝 らしたファザード作りを心がけていきたいと思います。貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。

大変興味のある内容だったので勉強になりました。講師の中村さんは恐らく私と同年代だったのでは?!話し方がさばさばした感じで、良くないものは良くないと はっきり意見をいうところが逆に好感がもてました。

・今回のセミナーに参加するにあたって、あらかじめ中村先生の書籍を読ませていただいてはいましたが、実際にお話をお聞きしたことで、より一層、理解が深まりました。

・ボードに関して学ぶ機会がなかなかなく、アドバイスをもらえて大変ありがたい。
早速、店で活用したい。

・今まで漠然とボードを作っていたが理論での裏付けが出来て非常に勉強になった。

 

講師・中村 心よりメッセージ

街を歩いていると、あることに気づきます。
それは、ほんの1~2年の間に閉店しているお店が何軒もあるということ。一口に閉店といっても様々な事情があるとは思います。しかし、お店が生き残っていくことは大変なことだと痛感します。

semi4

ただ、私は店頭販促のプロとして、常々、こう感じています。
「店頭販促を少し、改善するだけで、このお店は、もっと、もっと繁盛するのに…」
世の中には、ちょっとした〝店頭販促のミス〟で、お客様を取りこぼしているお店が非常に多いです。少しだけ、店頭販促を変えてあげるだけで、もっとお客様を呼び込めるお店が、街中には、溢れています。

本セミナーによって、多くのお店がもっと店頭ボードを活用して増客のきっかけになれば、これに勝る喜びはありません。
ぜひ、そのチャンスをつかむべく、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

 

 

開催要綱


sangyo日程
 2017年3月28日(火曜日) 13時半~16時半

会場 中央区立産業会館
東京都中央区東日本橋2丁目22−4
TEL 03-3864-4666
・都営浅草線「東日本橋駅」徒歩4分
・都営新宿線「馬喰横山駅」徒歩5分
・JR総武快速線「馬喰町駅」徒歩6分
・JR総武線「浅草橋駅」徒歩7分

参加料 15,000円(税込)
定員 10名限定
※実習セミナーという特性上、少人数開催とさせていただいておりますので、ご了承ください。
主催 株式会社店頭販促コンサルティング

 

 

 

お申し込み・お問い合わせ先

●下記申込み欄に、必要事項を記入して送信してください。
●ご記入いただいたEメールアドレスあてに、受講券・ご請求書などを送信させていただきます。
※ご郵送をご希望の方は、申し込み欄の「受講券・請求書の郵送を希望する」にチェックを入れてください。

 

主催会社・問い合わせ先
株式会社店頭販促コンサルティング
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F
TEL: 03-3820-2925 / FAX: 03-6856-2861
Eメール office@chanchacapoo.com
※ご質問・ご不明点等、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

お申し込みフォーム

下記欄に、必要事項を記入して送信してください。
※印は必須入力の項目です。

(個人の方は記入不要です)

 受講券・請求書の郵送を希望する


※送信内容をご確認の上、下記にチェックを入れて、送信ボタンを押して下さい。

個人情報保護方針について承諾する。

 

Copyright© 2019 “3パーツ式店頭ボード”の基礎と描き方セミナー. All rights reserved.