手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.432 あなたにボードを見てほしいの 

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

先日、あるビューティー雑貨を扱うショップの前で見つけたボードです。

「結婚式」「花嫁」というワードが目に大きく飛び込んできますね。
きっと、これから結婚式を控えた花嫁の方は注目し、立ち止まらずにはいられないはず。
この様に、ボードを書く際には、伝えたい対象を明確にしていくことで、より相手に届きやすいボードとなり得ます。

 

では、一概に、対象を明確にすればいいのか?というと、これは両刃の剣。
ボードを伝えたい対象を絞れば絞るほど、必然的に、それ以外の人々には響きづらいボードとなります。

つまり、このボードを見た際、結婚を控えている人には強く届きますが、結婚の予定のない方や既婚の方、男性には全く響かず、集客できない可能性が高いのです。

 

なので、対象の絞り方・書き方には少々のテクニックが必要となりますが、上手にやれば、獲得したいお客様達からの注目を強く集められます。
ぜひ、チャレンジしてみてください!