手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.97 ダジャレで印象を残す店頭ボードをつくろう

 コラム

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/bookspart3-page/  

 


 

コンサルティング / 社員研修/ セミナーのオンライン対応始めました。
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/online/

 


 

 

ちょっと前になりますが、浅草に出かけた際に、見つけたお店です。

鯨(ゲイ)を喰って、芸を磨け!!と、ダジャレです。

 

オモロイなぁと、思わず、写真を撮ってしまいました。

しかし、冷静に考えてみると、ダジャレやシャレ、ギャグって、実は、非常に店頭ボード向き。
なぜなら、、、ダジャレは、韻(いん)を踏んでいるから覚えやすく、耳障りがいい。
インパクトがあるから、何となく記憶に残る。

文明堂は一度も買ったことないのに、「カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂♪」のフレーズがすぐに脳裏に浮かぶのも、おそらく、ダジャレ効果。
(あれ、これはダジャレではないかも?)

 

つまり、ダジャレは、店頭ボード・看板に書くことで、道行く人からの注目を集め、インパクトを与え、記憶してもらえるということです。

とはいえ、高級業態や女性向けのお店には絶対に不向き。

大衆酒場だったり、立ち飲み、ラーメン店のように、比較的、価格が安く、男性が主体のお店だったら、自店の商品とからめたダジャレを書いてあげると、面白いボードが作れると思いますよ。

 

おまけ。
結構、有名な看板で、ネット上でも話題にしている人がちらほら。

奥様からクレーム来ないのかしら、、、と、少々、不安になりますが、インパクトは絶大!

加えて、「確かに」と、頷かせるだけの説得力もありますね。