手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.93 珍しい場所の店頭ボード1 ハワイ編

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

しばらく、ハワイへ行っておりました。
やっぱり、ハワイに行っても、気になるのは、海より、ブランド品より、店頭ボード。
あまり時間がなく、店頭ボード・ウォッチングが出来なかったのですが、何枚か撮影してきましたので、「へぇ、こんな感じなんだぁ」と、見ていただければと思います。

シーフードレストランのファサード。ロブスターの人形がアピール力抜群!

 

おなじみ、丸亀製麺。

 

オーガニックショップ&カフェの店頭ボード。
日本人のガイドブックにも載っているので、相当、日本人客が多いのでしょう。

 

店頭ボードだけでなく、店内POPも日本語のものがほとんど。(下↓)

 

市場で見つけたお弁当屋さん。
現物+メニュー・価格を提示は、英語に弱い人にも分かりやすいですよね。

 

 


↓ はちみつ屋さんだけに、クマ♪


床屋さん。赤白青のシンボルカラーを用いるのは、万国共通です!

印刷されたものかと思いきや、手書きで書かれていました。すごいセンス!

 

 

超ビッグなピザが売りの屋台の店頭。
百聞は一見にしかず。実物を飾ってました。
あまりの大きさに、道行く人が、立ち止まり、すごい行列が出来てました。

?

 

 

最後にスタバ。 何となく、日本のものと、書き方の雰囲気が似ている気がしました。

観光地しか歩いていないので、ローカルなところは、もっと違った感じになるのかもしれませんが、、、

店頭ボードを見て感じたのは、日本のように、”売ること・集客すること”を前面に出したものは少なく、あくまで”インフォメーション・情報提示”としての店頭ボードが多いように感じました。

集客力のある店頭ボードという意味では、日本の圧勝!
ただ、やっぱりセンス・かっこよさ、バランス感では、さすがだなぁと感じました。