手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.78  店頭チラシを持っていってもらうテクニック

 コラム

 

今日は、店頭ボードではなく、店頭チラシについて。

お仕事の資料として必要だなぁという時を除き、プライベートで私は店頭のチラシを持って帰ることは、ほぼありません!

知りたいと思ったら、お店の名前をメモしといて、後からネットで調べればいいや~と思っちゃうんです。

それに、あくまで私は、ですが、今までチラシから購入・申し込みをしたことがなくて・・・。
しばらくは手元に置いておくのですが、そのうち、捨てちゃうことがほとんどなので、持って帰ってくるだけ、紙がもったいないと感じるからです。

そんな私ですが、あるお店の店頭でみつけたチラシは持ち帰らないではいられない!と強く思いました。

これです。

大入袋です。

ご存知、とても縁起のよい袋です。
袋が素敵だったし、とってもご利益があるような感じがして、手にとってしまいました。
こんな感じで置かれていました。

ちなみに、今も、仕事机の前に飾っています。


中には、こんな感じに、お店の案内が書かれたチラシが入っていました。

封筒にいれると、コストも手間もかかります。

でも、誰にも見てもらえず、ずっと置いていたために汚れてしまったり。。。
持っていってもらっても、すぐにゴミ箱に行ってしまったり。

それじゃぁせっかくのチラシも意味がないですよね。

お客様が持っていきたくなる仕掛け。
大事に取っておきたくなる工夫。

ちょっとだけアイディアを絞ってみるといいですよね。