手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.70 店頭ボードで需要を掘り起こそう

 コラム

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/bookspart3-page/  

 


 

コンサルティング / 社員研修/ セミナーのオンライン対応始めました。
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/online/

 


 

 

今日はある医院で見つけた店頭ボードです。

店頭ボードには、2つのパターンがあるのはご存知でしょうか。

それは、需要を満たすボードと需要を起こすボードです。
需要を満たすボードとは、「どこか美味しいご飯屋さんはないかな?」と探しているお客様に、自分達の魅力をアピールして、来店してもらうもの。

一方、需要を起こすものとは、お客様本人も気づいていなかった要望・希望・不安を掘り起こし、気づかせて、解消してあげるものです。

例えば、これはある医院の前で見つけたボードであり、需要を起こすボードだといえるでしょう。



同じ症状を抱えている人がこのボードを見たならば、「最近の不調は、もしかしたら、寝違いのせいだったのかな?」と、自問自答してくれます。

そして、医院にかかるつもりなどなかったとしても、「一度、診てもらった方がいいのかな」と思ってもらえる可能性が増します。
つまり、店頭ボードによって、需要を作り出すことが出来るのです。

商品を売り込むだけが店頭ボードではありません。
このように、お客様も気づいていなかった需要を掘り起こす言葉・内容はないか、ぜひ、一度、考えてみてくださいね。