手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.7 限定に弱いんです

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


どこかに出かけると、必ず、ご当地キューピーを買ってしまいます。
お土産屋さんで一度は見かけたことがあるかと思いますが、ご当地キユーピーとは、要はその土地の名物にコスプレしたキユーピーのマスコット人形です。

※↑↑ メーカーのオンリーワンさんから画像を借りました。

 

単純にカワイイということもありますが、
一番のポイントは「この場所でしか買えない」「地域限定」 ということ。 

 

どんなにお金をだしても、沖縄キユーピーや北海道キユーピーは東京では買えない。
だからこそ、旅行・出張に行くと、必ず、買ってしまうんです。

 

はっきりいって、お客さんは「限定」に弱いです。
今を逃したら、買えないという限定感が購買意欲をあおるのです。
「 限定」は、ご当地キユーピーの様な「地域限定」だけではありません。

 

例えば、、、、
オフィスが多く並ぶ、品川で見つけたボードです。

「100食限定」
「牛タンがなくなり次第、終了となります」

 

このように「数量限定」がされている場合、お客さんからすると、 チャンスを逃したら、食べられないと訴求力を高められる効果。

そして、わざわざ限定にすることで、商品・メニューへのこだわりを感じさせ、商品の価値をあげることにも繋がっています。

 

他には、◎タイムセール21時まで  ◎今日だけ特別  ◎本日最終日 …などといった、「時間限定」 も有効です。

 

ただ、在庫がたくさんあるのに、「残りわずか」と書いたり、どこでも買えるのに「当店オリジナル」なんて、書いてはいけません。
嘘はいつかばれます。 その時、、、 お店の信頼は一気に失うことでしょう。