手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.65 看板を作る際には、これって一般名詞?と疑うこと

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

さて、今日のポイントは、気づかないうちに専門用語を使っていませんか?ということ。
昨日に引き続き、大阪で見つけた、看板をご紹介します。

 

看板には、ワンちゃんの安心お預かり専門店とあります。
つまり、ペットホテルのことですね。

 

ペットホテルは既に一般名詞なので、知らない人はかなり少数派だとは思いますが、ワンちゃんの安心お預かり専門店と書いた方が、万が一、ペットホテルという言葉を知らない人にでも確実に伝えられますよね。

 

もう一度、自分の店の看板や店頭ボードを見てみてください。
そこに書かれている言葉達は、店を行きかう人達に伝わっている!と断言できますか?
いくら看板や店頭ボードを一生懸命作っても、内容が伝わらなければ、何も意味はありませんよ。

 

「まぁ大体、何となく、意味は伝わっているよね」は危険です。
「こう書けば100%伝わるだろう!」というものこそが、お客さんをたくさん集める秘訣の一つです。