手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.64 A型看板には方言がキク!

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

ある回転すし屋さんで、こんなPOPが流れてきました。

飲酒運転あかん!

ポイントは、方言です。
ココロに響かせるキャッチコピーの一つとして、方言はとても有効です。
なぜなら、耳慣れない言葉よりも、普段から使っている言葉の方が、すっと脳の中に入りやすいからです。

実際、大阪の方に、標準語で書かれたものと比べて、大阪弁で書かれたものは、どう思いますか?と質問したら、「標準語で書かれているより、大阪弁で書かれている方が親近感が沸くなぁ」という話でした。
方言のある地域でお店をやられているなら、一度、方言でコピーを書いてみたらどうでしょう?
お客さんに親しみを持ってもらえる上、伝わりやすくなると思いますよ
ちなみに、観光客にとっても、方言のコピーを見ると、「おぉ大阪っぽい!」とワクワクさせてくれるものです。