手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.467 お客様はあなたのお店の特徴、言えると思いますか?

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

私の会社や自宅の周りは人の流れが非常に多い街で、毎週・毎月、新しいお店がオープンしている様な地域です。

そのため、ご近所さんと顔を合わせると、
「あそこに、新しいカフェができたね」
「あそこには、今度、パン屋さんができるらしいよ」
なんて会話がしょっちゅう、出ます。

こうした日常の中で気づくのは、ワンフレーズで言える特徴があるお店は、会話にあがる口コミ力が高い上、実際に人々が足を運ぶ確率も高いということ。

 

新陳代謝の激しい都心であればあるほど、お店が出来て、消えて…が繰り返されます。だからこそ、特徴が明確なお店は、話題になりやすい上、人を動かす力も強いのです。
つまり、口コミを起こしたり、人々を引き寄せたりしたいのであれば、お店の特徴を店頭で打ち出すことが重要です。

 

例えば、こちらのカフェは、店頭ボードにて、「カステラとミルクティー」を押し出しています。

 

例えばこちらの居酒屋は看板ボードにて、「地酒が自慢」と、お店の特徴を押し出していますね。

 

もしも、これらのお店が、店頭で何も打ち出していなかったら…
「あそこにカフェができたらしいよ」
「あそこに居酒屋があるよね」
だけで終わってしまします。

 

しかし、店頭でしっかりと特徴を打ち出していることで、
「あそこのお店はカステラとミルクティーが名物みたいよ」
「あそこの居酒屋は地酒が良いみたいよ」
なんて、口コミに乗っている様子が目に浮かびます。

 

・カフェ
・カステラとミルクティーが名物のカフェ

 

カステラやミルクティーが好き嫌いは横に置いといて…
どちらが人に話したくなるか?行ってみたくなるか?当然、後者ではないでしょうか?

 

カフェも居酒屋も、数え切れないほど、存在します。そんな中、「うちのお店は、これが特徴だよ」と店頭で打ち出してあげることで、他店との差別化に繋がります。
そして、それらの特徴を好む人や気になる人を、引き寄せることができるのです。

特に個人経営や小規模チェーンの場合、マスを取りに行くより、ニッチを攻めた方が効率的です。
マスは大手さんに任せて、自分のお店を心の底から好きになってくれるお客様を獲得していくべきだと思いますし、そのためにも、自分の特徴はどんどんアピールしていくべきだと思います。