手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.461 長文ボードでも読みやすさをキープする方法

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

店頭ボードとは、道行く人が対象の販促ツールのため、“見やすさ”という点が非常に重要となります。

 

そのため、例えば、文字を書きすぎると、それだけ見づらくなる可能性が高くなるので、避けたいところ。とはいえ、「商品の良いところをお客さまに伝えたい!」と考えると、どうしても文字数は増えてしまうもの…。

 

そういった場合のお手本になりそうな店頭ボードを見つけました。

 

いかがでしょうか?
かなりの文字数が書かれていますが、すっきりとしていて、見やすいですよね。

 

文字が上手ということもありますが、それ以外の要素として、「色づかい」と「メリハリ」がポイント。

 

こちらのボードは、どの文字に色を使うか?のチョイスが巧みな上、大見出し・小見出し・本文によって、文字の太さ・大きさを書き分けています。
そのため、長文でも全くゴチャゴチャせず、内容がすっと頭に入ってきているのだと考えられます。

 

ぜひ、長文の店頭ボードを書く時には、参考にしたいです!