手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.448 テイクアウト客を呼び込む店頭ボード

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

街を歩いていると、テイクアウトをアピールする店頭ボードを出しているお店が増えましたね。
こちらは、先日、見つけたテイクアウトを訴えるボードです。
写真が大きく、内容も分かりやすく、思わず足を止めました。

テイクアウトを訴えるボードを書くのは、今回のコロナ禍が初めてという方も少なくないと思いますので、どう書けばいいのだろう?と迷ってしまうかもしれません。
が、基本的には、普段の店頭ボードと一緒。

まずは、テイクアウトを実施していることを周知するために、「テイクアウトを始めましたた!」と大きく書き、メニューの紹介。
テキストだけではなく、写真を貼って、どの様なお弁当なのか?を、視覚的にアピールできると、購入意欲が湧かせられます。

 

 

あとは、ボードにプラスチックのボックスを取り付けて、「テイクアウトメニューを案内するチラシ」を入れておけるといいですね。
通りがかりに、「テイクアウト始めました!」というボードを見つけて、興味を持ってもらえたとしても、スーパーでの買い物帰りや他店で食事をした後だと、購入してもらうことは難しくなります。
そうした「興味は持ってもらえたけれど、購入が難しい状況のお客様」に対して、次の機会に真っ先に思い出して、買いに来てもらえる様、チラシというカタチを残しておくことが重要です。
ただでさえ、消費マインドが落ち込んでいる現在ですので、一人でも取りこぼすことのない様に、チラシの設置も、検討してみてください。