手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.440 自粛明けの店頭ボードのあり方

 コラム

 

弊社代表・中村心の新刊、発売中!
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/bookspart3-page/

 


 

オンラインコンサルティングはじめました!
トライアルキャンペーンの特別価格です。
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/online%CE%B2/

 


  

明日、一部都道府県を除いて、緊急事態宣言が解除される見込みとの報道がありました。
該当地域のお店では、最大限の感染防止策を講じつつ、営業再開されるのではないかと思います。

 

待ちに待った営業再開!
さて、どんな店頭ボードを出したらよいのでしょうか?

 

私は、いつもよりも派手にすることをお勧めします。
なぜならば、宣言が解除されたとはいえ、
「あのお店、今日から営業再開したのかなぁ?」
と、不安に感じる人は少なくないはず。
個人商店や、店主が高齢なお店に対してほど、より、その傾向は強くなるといっても良いかもしれません。
そうした不安に感じている人々に、分かりやすく、営業再開をアピールすることが大事だと考えます。

 

では、派手にするとはどういうことか?
いつもより色ペンを使ったり、文字を大きくしたりといった書き方の面に加え、造花などを用いて、積極的にボードをデコレーションしてみてはどうでしょうか?

 

例えば、こんなデコレーション。

 

スダレをボードに垂らしてみたり、朝顔・うちわ・麦藁帽子の様な夏アイテムを飾ってみたり…。5月とはいえ、一足早く夏が来た様な気温が続いていますので、夏らしいデコレーションなんか、季節感があって良いでしょう。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

私が住まう東京は、まだ自粛が続きそうではありますが、もうひと踏ん張りの雰囲気。皆さん、一緒に頑張りましょう!!