手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.427 売れるファサードに必須なコト

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

先日、飲食店や小売店など、様々なお店がひしめき合う某繁華街を歩いていたら、こんなファサードを見つけました。

中二階にある飲食店ですが、階段上にある大きくて赤い看板がインパクト大。
描かれているのは、大きな骨にお肉が巻きついた、いわゆる「マンガ肉」と言われるイラストです。
この看板があることで、お肉を提供する飲食店ということが一目瞭然でした。

 


 

この様に、「いかにファサードにアイコン的(象徴的)なものを掲げられるか?」は、売れるファサードを構築する上で一つのポイントとなってきます。

 

特に、こちらのお店があった繁華街では必須と言ってもいいかもしれません。
なぜならば、人もお店も多い街の場合、分かりづらいファサードでは、周囲に埋もれてしまうため、お客様を集めづらくなるからです。

 

看板でなくても、店頭ボードでもポスターでもいいので、自分のお店の特長を象徴する様なアイコンをファサードで表現できると、分かりやすいお店となります。

売れるファサードを作る一つのヒントとして、ご活用下さい。