手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.401 絶対に見たくなる店頭ボード

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

今週は、ドライブ中に見つけた店頭ボードを紹介します。

高速道路をしばらく走り、少し休憩をしようと、あるサービスエリアに立ち寄った際に、インフォメーションコーナーで、こんな店頭ボードを見つけました。

サービスエリアにあるレストランのメニュー紹介するボードですね。
とても綺麗で分かりやすく、丁寧に書かれています。

が、至って普通の店頭ボード。
しかし、この店頭ボードは、非常に多くの人をひきつけていました。

 

それは、なぜでしょうか?
答えは、傍らにちらっと見えている店頭ボードにあります。

 

メニューを紹介するボードの横には、もう一枚、店頭ボードが置かれていて、近隣の最新観光情報が書かれていました。

休日のサービスエリアに立ち寄る人の大半は、行楽途中の休憩が目的と予想されます。
そうした人々に役立つ内容・価値ある内容、つまり観光情報を紹介するボードが注目を集めるのは至極当然

そして、その傍らにもう一枚、店頭ボードがあったら…自然と目に入りますよね。

 

店頭ボードを書く際には、「いかにして、この店頭ボードを目立つ様に書くか!」という点ばかりに目がいきがち。
しかし、訪問者が役立つ情報のボードとセットで出して、“ついで見”を狙うと言うのも店頭ボード販促の戦略の一つですよ。