手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.400  人を引き付ける魔法の「3・2・1…」!

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

以前は宵っぱりでしたが、年を重ねると共に、夜更かしが辛くなり、日付が変わる前には寝る様になりました。
そんな早寝の私でも、必ず、夜更かしする日があります。
それは、大晦日。
特に、年越し番組の「3・2・1」というカウントダウンの瞬間を逃すことはありません。あれは不思議ですよね。カウントダウンが始まると、自然と集中してしまいます。きっと私の様な人は少なくないのではと思います。

 

さて、年越しに限らず、カウントダウンとは自然と人を引き付けます。
「あと、もう少しですよ!」と急かすこととで、目を離せなくさせるためでしょうか。そんなカウントダウン効果を活用した店頭ボードを見つけました。

それがこちら。

近所にある飲食店のボードです。
閉店までのカウントダウンなので、少し寂しいボードではありますが、間違いなく目立っていました。
なぜならば、今まで、何年も、よくお店の前を通っていたのですが、実は全くお店・ボードの存在に気づいていなかったのに、このボードだけは、パッと目に飛び込んできたのです。
これもカウントダウン効果の一つといえるかもしれません。

 

 

カウントダウンが使えるのは閉店だけではありません。
例えば、季節メニューの切り替えカウントダウン、新商品の発売カウントダウンなどにも使えます。
人の気を惹きつける効果の見込めるカウントダウン効果、店頭ボードで使ってみませんか?