手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.398 素通りできない店頭ボード

 コラム

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/bookspart3-page/  

 


 

コンサルティング / 社員研修/ セミナーのオンライン対応始めました。
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/online/

 


 

 

改元から、早二ヶ月。
やっと令和に慣れてきた今日この頃ですが、まだまだ「令和」という言葉を見ると、「そうだった。もう令和になったのだ」と、つい注目してしまいます。

そう感じるのは私だけではないのか、街のボードをリサーチしてみても、「令和」という言葉を書いているボードを、よく見かけます。

人はタイムリーな事柄・時事・旬なことが気になり、注目しやすい傾向があります。

平成最後の年を除いて、日常的に元号を書いていたボードを見かけることは、ほぼゼロでしたので、まだまだ「令和」という言葉の注目度が高く、店頭ボードに書いた際の反響があるのでしょう。
今しばらく、「令和」フィーバーは続くのでは?と思います。もしボード作りに困ったら、「令和」という言葉を用いたコピーを考えてみてはどうですか?