手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.378 イラストを書いたボードで集客する条件

 コラム

 

今週は、先日、プライベートで横浜中華街を訪れた際に見つけた店頭ボードを紹介します。

 

横浜中華街といえば、約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗が存在する日本最大の中華街。(Wikipediaより)

余りにお店が多すぎて、どこのお店で食事しようか迷っていたところ、この店頭ボードを見つけました。

中国っぽいイラストがひときわ、目を引きます。
こちら、一見、印刷されたものの様ですが、完全手書き!


イラストに一目で魅了され、こちらのお店に入店を決めました!

 

さて、店頭ボードで大事なこととは「何を訴えるべきか?」であり、イラストは二の次。
イラストでは集客できない、というのが私の考えです。

が、例外もあります。例えば、今回のボードの様に、「超プロ級のレベル」で「ご当地が描かれている」こと。
この2つが揃うと、イラストを見ただけで、人々の注目を集め、来店意欲を湧かせる店頭ボードとなりえます。
イラストを書くことは才能の問題なので、普通の人は真似しづらいですが、腕に自信ありの方はは、「超プロ級レベル」を披露することで集客のチャンスとなる可能性が高いので、チャレンジしてみてはどうでしょうか?