手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.365 シンプルボードは商圏を広げる

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

先日、あるカフェで見つけた店頭ボードです。
シンプルで、分かりやすいですね。

 

「シンプルで分かりやすいボード」というのは、アピール力こそ欠けるものの、お店の前を歩いている人が、読み込む必要がなく、瞬時に内容を理解できるので集客に効果的であるということは、皆さん、ご存知の通りかと思います。
実は、もう一つメリットがあります。

それは何か?

この画像から、引いて見ると分かります。

 

 

答えは、遠くからでも内容が認識できるということ。

かなり交通量が多い車道を挟んだ、反対側の歩道に立っていても、しっかりとボードの内容を認識することが出来ました。

 

つまり、車道を挟んだ反対側の歩道に立っていたとしても、「カフェがある・ホットドッグが売られている」と気づいてもらえるので、お店へ引き寄せられる可能性があるのです。

 

こういったボード戦略は、付近にライバル店が少ないお店にオススメ。
あえてシンプルボードで、広範囲にアピールをすることで、例え、車道の反対側にいたとしても、わざわざ訪れてくれる可能性があります。

 

逆に、付近にライバル店が多い立地の場合、「いちいち車道を渡るの面倒・・・」と思って、十分な効果が得られない場合がありますのでご注意ください。