手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.36 何年、お店を営業していますか?

 コラム

弊社代表・中村心の新刊、発売中!
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/bookspart3-page/

 


 たまに、「うちの店なんて、ただ長く営業しているだけで、A型看板に書けるような、特別なウリなんてないよ」 なんて、おっしゃる店長さんがいます。

本当にそうでしょうか?
店のウリとは、商品の特徴だけとは限りませんよ!

例えば、お店を長く続けていること。
これも立派なウリですよね!

このA型看板は、東京駅近くのバーにて発見しました。
東京駅近くといえば家賃が高く、周りには飲食店も多数ある激戦区。

それなのに、約60年もずっとお客さんから支持され続けているのは、それだけお店が素晴らしいという証拠になり、「一度、入ってみたいな」と思わせてくれます。

何も、江戸時代よりやっている、とか、創業うん百年だけがスゴイということはありません。

たとえ、10年でも20年でも、続けていることってスゴイことですし、お客さんからの信頼獲得にも繋がります。
それを、A型看板でアピールしないなんて、とっても、もったいないです!

ちなみに、中村からの応用編。
ただ年数を書くのではなく、ちょっと工夫して、「おばあちゃんから3代続く、秘伝の味噌汁のお店」 「30年間、焼鳥一筋」なんて書き方でも、魅力的なA型看板ができるのではないでしょうか。