手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.359 魅力が3割増しで伝わる店頭ボードの置き方・描き方

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

先日、ある牧場へ観光に行ってきました。
敷地内のレストランに店頭ボードが置いてあったのですが、とても素晴らしいものだったのでご紹介します。

 

入口には店頭ボードが3つ。
まず、最も目立つ位置に、イチオシ商品を紹介するボード。

 

少し奥まった位置には、開催中のフェアに関する情報を、イーゼル型ボードで大きく紹介。

 

壁面ボードでは、それ以外のメニューについて、まとめて紹介。

どのボードも一切の手を抜かず、丁寧にメニューの魅力が綴られています。

 

また、特筆すべきは、ボードの中で優劣をつけている点。
複数のボードを書いて置く時には、「一番見てほしいボードはコレ」「二番目に見てほしいボードはコレ」「三番目に見てほしいボードはコレ」…といった具合に、書き手は優先度をつけて、一番見てほしいボードを最も派手に書き、目立つ位置に置くのがポイント。

優劣をつけずに複数のボードを置くと、「なんか沢山ボードがあるお店だな、全部読むの面倒だな」と思わやすいもの。
その点、書き手がしっかりと優劣をつけて書いて、置くと、複数のボードがあったとしても、すんなりと読み手に理解してもらえるというわけです。(この話はまた別のコラムで書きます。)

 

更には、店頭ボードの威力を更に引き立てているのが写真ですね。
写真をお皿型に切り抜いて、ランダムに貼っています。
プリントしたままの四角形の写真を貼るよりも、お皿型だったり、商品の形だったりに、切り抜いて貼ったほうが、ボードとの一体感が出て、商品をより魅力的に見せてくれています。

 

何とも真似したいテクニックが満載のボードでした。