手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.353 情報量が多いのに、見やすい!ボードを書く秘訣

 コラム

 

今週は、先日、ある飲食店で見つけた店頭ボードを紹介します。


パッと見て、かなり情報量が多いですよね。

だけど、とても見やすく、内容がすっと頭に入ってきます。

 

これだけの情報量を一枚のボードに書くとなると、普通は、ゴチャゴチャとしてしまい、なんだか読みづらいボードとなってしまうことが殆ど。
しかし、こちらのボードは、そうなることなく、とても見やすい。
情報量が多いのに、見やすいのはなぜか?

 

その理由は、規則性です。
価格の下には赤下線、カテゴリーは四角で囲う、生産地は緑で囲う等、書き方のルールを決めて、規則性を持たせることで、すっきりと見せてくれています。

 
情報量が多いボードを書く際には、文字の書き方に規則性を持たせると覚えておくと良いですよ!