手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.345 名コピーは接客時に生まれる?

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

先日、まつげエクステのお店で見つけたボードです。

私は、これまでに、延べ20万店以上の店頭販促をリサーチしてきました。
当然、その膨大なデータベースの中には、まつげエクステのお店も多くあるわけですが、こちらの店頭ボードは、それらと比較して、斬新なコピーで注目してしまいました。

 

もうすぐ卒業式。別れの季節に涙はつきもの。

でも、泣くとマスカラ落ちるし、ファンデーションも崩れるし、せっかくの記念写真がブスになっちゃうんだよねー…

 

(こちらの店頭ボードを偶然見かけて…)
そうか、まつエクすれば可愛くなれるし、泣いてもメイク崩れないじゃん!

という具合に、女子たちに強く響く、良いコピーだと感じました。

 

これは完全に推測ですが・・・きっと、普段の接客の際に、常にアンテナを張って、コピーのヒントを探していらっしゃるのではないかと推察します。そうでないと、なかなか、出てこない内容だと思います。

いかに、自店のまつげエクステの質が良いか?施術者の技術がどれだけ優れているか?値段が安いか?…などをアピールするお店が多い中、「そういえば…」に気付かせる素晴らしい店頭ボードですね。