手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.341 この一言がお客さまを呼び寄せます。

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

今週は、あるカフェで見つけたボードを紹介します。
「ドリンクだけでもお気軽にどうぞ」と書かれた店頭ボードがありました。

こちらのカフェは私も利用させていただいたことがありますが、スターバックスやドトールの様に、ドリンクがメインというイメージのお店ではなく、フードやデザートメニューがしっかりしている、というイメージのお店。

 

そのため、「ドリンクだけでも良いですか?」という、お客様からの質問が多かったので、その答えをボードに書いたのかもしれません。

 

お客様が事前に感じるであろう不安を解消するメッセージを店頭に出していることで、お客様は安心して来店することができ、ひいては、来店率アップに繋がります。

 

お店側としては、当然、「飲み物だけでも大歓迎ですよ!そんなの当たり前じゃないですか!」と思っていたとしても、声に出して言わない限り、お客側にはそれは伝わりません。
疑問に思ったら、「飲み物だけでも良いですか?」と問い合わせてくれるだろうと考えるのも甘いです。
周囲にカフェが一軒だけならともかく、繁華街の場合、「疑問を感じたとしても質問するのは面倒だから、他のお店にしよう」となるもの。
だからこそ、事前に抱きそうな不安の解消が重要なのです。

 

皆さんのお店で、たまにお客様から抱く質問ってありませんか?
それは氷山の一角かもししれません。


少数だったとしても、実はお店を行きかう多くの人が同じ疑問を感じていて、それが来店の妨げとなっているかもしれません。
そこに気づいて、店頭で事前に解消するようなボードを出せたら、来店率がぐっと上がる可能性もありますよ。

 

事前の不安解消については、私の2冊目の本でも詳しく書いています。
もしよろしければ、どうぞ。

3パーツを書き込むだけ!お客様が集まる店頭手書きボード