手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.312 ボード販促の変化球で他店と差別化しよう

 コラム

 

弊社代表・中村心の新刊、発売中!
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/bookspart3-page/

 


 

オンラインコンサルティングはじめました!
トライアルキャンペーンの特別価格です。
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/online%CE%B2/

 


  

今週はボードではなく、看板を紹介します。
先日、東京・上野のアメ横を歩いていた時に見つけました。

アメ横とは、JR上野駅からJR御徒町駅までの山手線高架下にある超巨大商店街です。
行ったことがない方にはイメージしづらいかもしれませんが、高架と並行していくつもの細い道があり、その道すがらに沢山のお店がひしめきあっています。

超巨大で、道がいくつもあるので、どうにかして、自分たちのお店の前の道を通ってもらわなくては、お客様を呼び込めません。

そんな願いから生まれた看板でしょうか。
これから益々暑くなる中、足を踏み入れたくなる看板です。

そして、このコピーはボードにも使えます。
例えば、「この付近で一番、冷房の効いているお店です」なんてコピーがボードに書かれていたら、猛暑の時なんて吸い込まれそうになるかもしれません。

 

ボード販促の王道といえば、商品力のアピールです。
しかし、こうした変化球も知っておくと、ボードにバリュエーションが出せて面白いと思います。