手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.28 金曜にお客さんが街から消える?

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


今日はちょっと番外編 。

昨日のニュースにて、夏の電力不足に対応するべく、自動車業界は7月から9月までの3ヶ月間、「木・金」を休日扱いにすることが決定が発表されました。

すでにサマータイムを導入している会社もあったり、大学では震災による授業の遅れを取り戻すために、土日返上して授業を行っているところもあるようです。

休日変更、サマータイム・・・
このような状況は決してA型看板にとって、無関係ではありません。

 

例えば、今までは金曜日に、「1週間お仕事お疲れ様でした」なんていう看板を出していたかもしれません。
しかし、自動車関連のの会社の人にしてみれば、水曜が週末となります。
金曜は会社がないので、そもそも、街にいないかもしれません。

ということは、金曜に「お疲れ様」というメッセージをせっかく書いても、お客さんの心に響く度合いが違ってくるということです。
この場合、今度から水曜に「お疲れ様」メッセージを書いて上げる必要があります。

 

いまはサマータイムや休日変更を行っていない会社でも、今後はどのように変更になるかわかりません。
せっかくA型看板を頑張って作ったのに、お客さんの心に響かせることが出来ないのでは、もったいないですよね。

 

特に、周りがオフィス街や学校の街という場合は、お店に来てくれているお客さんに対して、積極的に今後の状況を積極的にリサーチして、今後のA型看板づくりに生かしていくといいでしょう。