手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.264 凸凹店頭ボードでライバル店に差をつけよう2

 コラム

先週のコラム 「Vol.263 凸凹店頭ボードでライバル店に差をつけよう」が好評だったので、今週も、街で見つけた凸凹店頭ボードを紹介したいと思います。

 

某ショッピングモールにある中華料理屋さんです。

264-1

食品サンプルをボードにお手製のボードに貼り付けています。
264-2

凸凹による立体感に加え、通常のボードよりも高さがあったので、群を抜いた目立ち度でした。

 

とはいえ、真似したくても、食品サンプルは無料ではないので購入コストがかかりますよね。二の足を踏んでしまう方も多いと思いますが、無料で同じような効果を狙う方法もあります。

例えば・・・。
ある眼鏡屋さんでは、コンタクトレンズが入っていたパッケージをボードに貼り付けていました。
ある雑貨屋さんでは、香水の空箱をボードに貼り付けていました。

どちらも、いわばゴミなわけですが、それをうまく活用して、目立つボードを作っているわけです。

普段、何も気にせずにゴミ箱に入れている備品を捨てる前に、ボードに貼ってみると、意外とインパクトのあるボードが出来るかもしれませんので、試してみてほしいなと思います。