手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.262 リアルタイム店頭ボードで注目を集めよう!

 コラム

店頭ボードの特長の一つとして挙げられるのが、「気が向いたら、すぐに内容を変更できる」ことです。
チラシやポスターといった印刷物の場合、内容を変更したいと思ったら、デザインをし直して、印刷発注して…と多少の時間がかかります。
ホームページの場合、自分でプログラムができればいいのですが、そうでない場合は、制作会社に依頼して内容変更作業をしてもらう必要があり、やはり多少の時間がかかります。

現在、全販促物の中で、前述したように、「気が向いたら、すぐに内容を変更できる」のは、店頭ボードを代表とする手書き販促物と、ツイッター・フェイスブックなどのSNSツールと言えるでしょう。

 

随時、内容を変えられるということは、たとえば、こんなPOPを出すことが可能です。

262-2
以前、大ヒットした書籍のPOPです。
この書店での、リアルタイムの売上冊数をPOPでアピールしています。

売れ筋商品に、「売れています!」というPOPをつけているのはよく見かけますが、その際には、可能であれば、「当店で○○個売れました!」のように、実数を出した方が、より〝リアルに売れている感〟が出せますし、当然、その方がお客さまの注目を集めることができます。 

 

こんな、リアルタイムの実数をアピールPOPがつくれるのは、「気が向いたら、すぐに内容を変更できる」手書きツールだからこその特長。
リアルタイムな状況をアピールする、リアルタイム店頭ボード。まだ出したことがないお店は、一度チャレンジしてみることをお勧めします。