手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.257 「押しの一言」が反応率を変えることもある

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


数ある販促物の中で、店頭ボードとチラシ・パンフレットなどの紙媒体の販促物は比較的、相性が良いと言えます。現に、店頭ボードにチラシやパンフレット、ショップカードなどをつけているお店って多いと思います。

そうすることで、ボードには書ききれなかった情報を伝えられたり、ボードで気になってくれたお客様にお店の情報を持ち帰ってもらえたりと、販促効果をさらに高めてくれることが多いので、まだ、取り付けたことがないという方は、試してみるといいかもしれません。

 

さて、その際に、ただ傍らにチラシやパンフレットを取り付けるだけではなく、こんな一言があると、さらに良いのではないかなと思います。

 

「フタを開いてご自由にお取りください」

IMG_0694

何気ない一言です。
が、こう書いてあることで、不思議とお客側としても、チラシを持っていきやすい心境になるものです。
もちろん、自由に持って帰っていいのは、重々、承知してはいるのですけど、「薦めてくれるならば、持っていこうかしら?」と、その気になりやすいわけです。
チラシをつける際には、こうしたPOPをプラスしてみると、なお、良いかもしれませんね。