手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.223 ビジュアルアイテムを使った店頭販促

 コラム

 

店頭販促のアイディアとして、店頭ボード以外にお店や商品メニューのことをビジュアル的に表現してくれるアイテムを活用するのも一つです。

 

例えば、先日見つけたこちらのお店の店頭販促。

223-2
素敵な和カフェなのですが、店頭ボードと共に、お茶を入れるグッズも展示されていました。
こうすることで、ボードを見ずとも、「お茶に関係するお店だ」とアピールできています。
また、店頭にこうしたグッズがあると、単純に店頭を目立たせることができますよね。
(あと、女性目線からいうと、「かわいいなぁ、趣があるなぁ」と惹かれ、入店したくなります。)

 

これは海鮮居酒屋ですね。
一押しメニューの浜焼きをアピールするための、鮮魚・貝殻とカセットコンロです。

223

これも先ほどの和カフェ同様、何をアピールしたいのか一目瞭然&目立ち度バツグンです。

 

人間は脳みその構造上、文字情報よりも、視覚情報の方が理解しやすく、記憶に残りやすいといわれています。
つまり、こうしたビジュアルアイテムを置くことは、目立たせるだけでなく、さらに店頭集客力を上げる効果が期待されるわけです。
(といっても、ビジュアルアイテムだけでは内容が伝わらない可能性は高いので、必ず、文字を書いたボードも必須ではあります)

 

また、現在、外国人観光客が増加中の日本ですが、日本語が分らない外国の方にも、こうしたビジュアルを使ったアピールであれば、伝わりやすいですよね。

 

こうしたアイテム設置は店頭にスペースを要しますので、全てのお店が出来るわけではないと思いますが、もし、スペースに余裕があるならば、チャレンジしてみたいところです。