手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.202 ちょっとの一手間で他店より目立つ店頭ボード

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

繁華街やビルイン店舗のように、複数店舗が密集して存在している場合、スペースの関係上から他店と横並びに店頭ボードを出さなくてはいけない、という場合があるかと思います。

以前、お仕事をさせていただいた渋谷の某店は、商業ビルが超密集している地域にあり、まるでドミノ倒しをするかのように、各店の店頭ボードが置かれていたのを思い出します。
当然、たくさんありすぎて、全く店頭ボードが目立っていないのはもちろん、どの店頭ボードがどのお店のものなのかも、いまいち分かりづらい…。


そこまではいかなくても、皆さんも、見たことありませんか?

商業ビルの1階入口に入居しているお店の店頭ボードがずらーっと並んでいる風景。

 

お店側の心理としては、「少しでも他店より、目立たせたい!」だと思います。
そんな時に真似したいのが、ある飲食店で見つけた店頭ボードです。

DSCN9911

フレームに色を塗っているだけですが、それだけで圧倒的に目立っていますよね。
この際、ただ色を塗るだけでなく、お店の看板やイメージカラーと同じ色を塗ってあげると、お客さんからしても、「○○店の店頭ボードだ」と発見してもらいやすいと思います。
(例えば、イタリア料理なら赤緑白としたり…)

 

もちろん、路面店で他店とは密集していないという場合でも、こうした一手間を加えてあげるだけで、目立ちますので、店頭ボードへの注目度はあげられます。

 

ちょっと一手間はかかりますが、その一手間を加えることで、バツグンに店頭ボードを目立たせることが出来る上、おしゃれな印象も与えます。
ぜひ、お休みの日にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?