手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.200 記念セミナーのお知らせ&気になる店頭ボードたち

 コラム

 

d07aea2d106a29dffaf52cbfba9e98ce_s

今記事にて、ブログ200回目を迎えることが出来ました。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。
これからも、皆様の店頭ボードづくり・店頭販促のお役に立てそうな情報を、300回、500回、1000回目指して、更新を続けていきたいと考えております。
今後とも、よろしくお願いいたします。

さて、せっかくの200回という区切りなので、記念として、2つの企画を考えました。今週は、いつものブログ記事の前に、1つ目の企画を発表したいと思います。

 

特別セミナー開催決定!
「3時間でマスターする“3パーツ式店頭ボード”の基礎と描き方セミナー(講義&実習編)」

10月16日(木)に東京にて、セミナーを開催することに致しました。。
テーマは、ずばり、“集客できる店頭ボードを効率よく書く方法”についてです。

9202252e5270a117c5ef534fe6abc96f

こんなことを考えたことはありませんか?
「もっと、楽に、効果的な店頭ボードが書けたらいいのに…」

まるで夢のようなお話ですが、それを実現する方法があります。
それが、今回のセミナーでお伝えする“3パーツ式店頭ボード”です。

店頭ボードで悩む方の多くが、「何を書いたら良いかわからない」「どの位置に、どんなコピーを書いたらいいか分からない」「文字やイラストが下手だから、自信がない」ということです。
その点、“3パーツ式店頭ボード”ならば、このような悩みが全て、解消されます!

 

“そもそも、3パーツ式店頭ボードとは?”ボード書いている風
15万店の店頭をリサーチし、店頭ボードに関する著書を多数、執筆している店頭ボード専門家である私が編み出した、店頭ボードの最強フォーマット。
“3パーツ式店頭ボード”では、店頭ボードのどの位置に、どんなコピーを書けば良いか、あらかじめ決まっています。
それらの配置は、お客さまの興味と関心を引き、来店促進をするために全て計算された形であり、それに沿って文字を書いていくことで、簡単効果的な店頭ボードが作れるのです。

 

本セミナーでは、“3パーツ式店頭ボード”の基本的な考え方をボード作りの実習を交えつつ、丁寧に解説します。
ご受講いただくことで、「忙しい」「文字やセンスに自信がない」という方でも、“3パーツ式店頭ボード”をマスターすることができ、集客力を発揮する店頭ボードが書けるようになるはずです。

店頭ボードをもっと効率よく書きたい方はもちろん、初心者の方も大歓迎です!
年内は、誰にでもご参加いただけるオープン型セミナーは今回限りとなっております。
貴重な機会ですので、お見逃しなきよう、ご参加ください。

▼詳細・お申し込みはこちらから
https://www.chanchacapoo.com/wp/?p=3335

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここから、通常通りのブログです。

最近、思わず、街で立ち止まってしまった店頭ボードの写真を3つ、紹介したいと思います。

 

最初は、ちょうど8月終わりくらいに見つけた店頭ボードです。
まるで絵日記のようで、小学校の宿題を思い出しますね。
夏休みにぴったりの店頭ボードでした。

IMG_0400

お店の夏休み告知の店頭ボードなのですが、ただお休みを連絡するよりも、思わず、立ち止まってしまうインパクトがあり、お客さまにきちんとお休みをアピールすることが出来ています。
お客様にご迷惑をおかけしない、というのも大事な顧客サービスです。
これくらいインパクトがあれば、お客さまも注目を集め、確実に見てもらえるので、「臨時休業だと忘れて、来店してしまった!」なんて事態は防げると思います。

 

フライドチキンのお店です。
IMG_0401

割と繁華街にあるお店なのですが、遠方からでも、「何か面白そうな店頭ボードがある!」と、かなり目立っていました。
(プラス、鳥たちの驚いているような表情が個人的にツボでした。)
店頭ボードは何を書くかはもちろんですが、繁華街においては、いかにして、他店よりも目立つかも重要ポイントです。
いくら優れた店頭ボードを書いても、目立たなくては、意味がありませんから、当然です。
その点、こうしたモチーフをつけてあげると、容易に店頭ボードを目立たせることが出来ます。
ただモチーフをつければいいというわけではなくk、自店に関係するものであれば、業種業態のアピールにもつながり、一石二鳥です。

 

最後は、お店ではないのですが…。
 IMG_0393

地域の方が出されてたボードです。
「使わなくなった植木鉢をお持ち下さい」ということですが、伝え方が中々、粋ですよね。
同じ伝え方よりも、なんだか、可愛らしくて、持ち帰りたくなりました。