手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.197 お客さんに求められいてることを店頭ボードでアピール

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

今日は東京・新橋駅にあった立ち食い蕎麦屋さんの店頭販促を紹介します。
新橋といえば、テレビのニュースでもよく街頭インタビューで登場しますので、地方の方もご存知かとは思いますが、サラリーマンが多く行きかう東京最大級のオフィス街です。

そんな新橋駅近くの蕎麦屋さんのドアには、こんなPOPが・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飲食店における最大のアピールポイントとは、当然、“味”だと思います。
どんな素晴らしい食材を使い、こだわった調理をしているのか・・・をアピールするのが一般的です。

 

しかし、時として、味以上にお客さんにとって来店の決定打となる場合があります。
色々とありますが、例えば、“時間”がその代表例です。

 

こんな時ってありますせんか??
たまたま予定が詰まっている日で、どうしても次の打ち合わせまでの僅かな空き時間にご飯をパパっと食べておかなくてはいけない!!
そんな時はミシュラン三ツ星のレストランの高級絶品フレンチよりも、素早く食べられることが重要になりますよね。

 

このお店があるのは、東京最大級のオフィス街。
お昼時や移動中など、多忙が予想されるサラリーマンが多くいる場所です。
そんな人達にとって、「1分で提供」は何とも魅力的なコピーに違いありません。

 

また一般的に、駅の立ち食い蕎麦屋さんに対しては、味よりもスピードを求める人が多いです。
(立ち食い蕎麦屋さんの味が悪いというわけではなく、むしろ私自身は大好物です)
そうした、自分のお店の立ち位置や、ウリポイントを見失うと、たちまち、お客さんを呼べない店頭ボードになりえます。

 

例えば、10分カットで有名な理髪店が、「パリで修行した理髪師がカットします!」という店頭ボードを出していたら…?
技術は素晴らしいことは伝わりますが、多くのお客さんが10分カットの理髪店に求めているのは何でしょうか?
技術よりは、スピードのはずです。
そこを勘違いして、お客さんが全く求めていない魅力をアピールしてしまうと、せっかくの店頭ボードの集客力を存分に発揮することは難しくなるわけです。

 

自分のお店はお客さんから何を求められているのか???
それを見直してみると、もっと集客力のある店頭ボードがかけるかもしれません。

 

ちなみに…
こちらのお店はこんな店頭ボードも出していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まさに、企業戦士に向けた一言。お客さんの顔がとっても見えているボードだと思います。
素晴らしく、センスあると思います。