手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.190 店頭ボードに清潔感はありますか?

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

先日、かわいらしい店頭ボードを見つけました。
ネイルサロンの店頭ボードです。

写真 1

文字やイラスト、色の配置がセンス抜群で、さすがネイルサロンの店頭ボード!!、と感嘆しました。
ネイルサロンの主ターゲットである女性が、好むテイストであり、私自身も、可愛らしい店頭ボードに思わず、足を止めてしまいました。

 

さて、この店頭ボードが優れいてる点として、可愛らしくセンスがあるだけでなく、店頭ボードの清潔感も挙げられるかと思います。
文字がかすれていたり、消えていたりということは一切なく、とても綺麗にメンテナンスをされていると感じました。

 

ネイルサロンに限らず、まつげパーマ、美容院やマッサージ、エステのように、お客様の体や肌に、直接、触るお店の店頭ボードの場合は、“清潔感があるかどうか”というのが重要ポイントとして挙げられます。

 

それも当然で、自分の体を預けるわけですから、汚かったり、臭かったり、不潔だったり、というお店は避けたくなるものです。

もちろん、どこのお店も、店内衛生には気をつけているとは思います。しかし、もしも店頭ボードや店頭が汚れていたら…??
いくら店内衛生・美化には気を使っていたとしても、お客さんには店内のことは見えません。

 

 

お客さんは、店頭の様子を見て「清潔そう、ちゃんとしてそう!」、「なんか不潔そう」とジャッジするものです。
つまり、店頭ボードが汚れているばかりに、お客さんを逃す可能性があるということです。

 

 

私の体験談をお話します。
ある日、とても体が凝っていて、マッサージを受けに行こうと思い立ちました。
弊社の近くには、2つのマッサージ店があります。2つのお店は料金体系も施術内容もほぼ同じです。
しかし、一つだけ違うのが、店頭ボードです。

A店の店頭ボードは、マメにメンテナンスされているため、文字が消えていたり、古くなっていたり、ということはありません。
一方、B店の店頭ボードは、店頭ボードに破損やキズが多い上、「一体いつ書いたのだろう?」というくらい文字が消えかかっています。

 

さて、私はどちらのお店を選んだかというと・・・当然、A店です。
A店の方が、信頼が持てそうだし、気分よく施術を受けられるだろうと感じたからです。

私自身が特別、潔癖症というわけではなく、少なからず、人は店頭ボードおよび店頭販促の状況で店内状況をジャッジしますし、比較できる選択肢がある場合には、より清潔感のあるお店に来店したいと感じるものです。

店頭ボードのテクニックというと、何を書くか、どんな文字・イラストを描くかなどに注力しがちですが、それ以前に「きちんとメンテナンスして、清潔感のある店頭ボードか??」ということが重要です。
今一度、お店の店頭ボードを見直してみるといいかと思います。

 

ちなみに、店頭ボードの右端にいた2つの鳥の人形もとても可愛くて、個人的にはツボです!
こういうちょっとした遊び心があると、店員さんの明るい雰囲気が伝わってきて、来店してみたくなります。

写真 2