手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.179 珍しい場所の店頭ボード2 農林水産省編

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

恐らく、なかなか、行かないであろう場所にある店頭ボードを紹介するシリーズです。

前回はアメリカ・ハワイの店頭ボードを紹介しました。
興味のある方は、どうぞ。
Vol.93 珍しい場所の店頭ボード1 ハワイ編

 

今回は、東京・霞が関の官庁街にある農林水産省です。
先日、滅多にいかない官庁街・霞が関で仕事があり、せっかくなので、農林水産省にある職員食堂でランチをしてきました。
(御存じの方は多いと思いますが、基本的に役所にある食堂は一般人も利用できます。
省庁によっては、セキュリティが厳しいところもありますが…)
農水省の食堂前にも、しっかりと店頭ボードがありました。

写真 1 (1)
さすがに、農水省の食堂。
しっかりと、国産食材のアピールをしています。
写真 2 (1)
訪れたのが、桜の開花宣言の翌日だったためか、こんな店頭ボードも…。

写真 3 (2)
メニューボードも、しっかり、あります。

 

上の3枚は私が食事をした食堂のもので、下は別の蕎麦屋さんのものです。
写真 3 (1)

食堂運営は民間企業だとは思いますが、官庁の中なのに、こんなにきちんとした店頭ボードを出していることは、ちょっと意外でした。
官庁の中でもこんなに頑張っているなら、街のお店も負けてられませんね!

 

ちなみに、どんなお料理があるのか??ご興味のある方は、続きもどうぞ。

写真 2 (3)
定食でオーダーするか、おかずを自分でピックアップしていくか、2種類のオーダー方法があります。

写真 1 (3)
食品自給率が表示されているのは、面白いPOPだなぁと思いました。
農水省ならでは、ですね。
日本食材や地の食材にこだわりのあるお店は、真似してみてもいいかもしれません。

写真 4 (1)

私はおかずを色々と楽しむスタイルにしました。
右下から、クラムチャウダー、野菜コロッケの卵あんかけ、お魚のタツタ揚げ、ごぼうサラダです。

・・・珍しさから目移りしてしまい、明らかに食べすぎました。