手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.176 店頭に動きを付けて、注目を集めよ!

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

昨日の日曜日、表参道へ行ってきました。

表参道といえば、アパレルや雑貨、カフェなどを中心に、多くのお店が軒を連ねていますが、
そんな中にあって、ひときわ、目立つ店頭を発見しました。

 

店頭に犬!?

写真

 

と、思ったら、ぬいぐるみです。
写真 (2)

そして、実は、この犬は動きます。
その姿を、動画に撮影してきましたので、ぜひ、どうぞ。
(若干、手振れしてますが、ご容赦ください。
多少、音が出るかもしれません。)

人が多く、お店で溢れている表参道において、とても目立っていました。

これは、「表参道の洋服屋さんの前に、まさか犬!?」という意外性に加えて、
そもそも、人間に本能的に備わっている、ある習性も関係していると考えられます。

それは、“動きのあるもの”が気になり、見てしまうという習性です。

 

恐らく、外敵が多く、今より危険が多かった原始時代より、
備わっている防衛本能かと思います。
例えば、一人でいるのに、視界に動くものが入ってきたら、
瞬間的に、そちらへ意識がいきませんか?

 

これは、身を守るために、周囲に“動くもの”が近づいてきたら、
身構えてしまうという人間の習性だと考えられます。
動く犬のぬいぐるみは、そうした人間の本能をうまく活用し、
店頭へ注意を引き寄せている好例だと思います。

 

動く犬のぬいぐるみの設置は、場所や予算の問題から、なかなか、
真似するのは難しいとは思いますが、“動くもの”であれば、別に、
犬のぬいぐるみでなくてもいいのです。

 

かといって、何でもいいか、と言うわけでもありませんので、
何か、お店のイメージや商品に合う“動くもの”が見つけられたら、
店頭に置いてみたり、店頭ボードに付けてみてもいいかもしれません。

 

特に、表参道のように、周囲に競合が多く、どうにかして、
他店より目立ちたい!注目を集めたい!と考えるお店にとっては、
店頭に“動くもの”を置くことで、注目を集めるというのは、
覚えておきたいアイディアだと思います。