手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.155 ちょっとお役立ちを紹介する店頭ボード

 コラム

店頭販促コンサルタントの中村です。

週末、神奈川県鎌倉市の方へ行ってきました。
鎌倉といえば、鶴岡八幡宮に続く参道の若宮大路、若宮大路とほぼ平行に続く小町通りに、飲食店やお土産屋さんが軒を連ねており、観光客の人気スポットです。
その若宮大路と小町通りで色々と面白い店頭ボードを見つけたので、今週はご紹介したいと思います。


さて、これは占い屋さんの店頭ボードです。
手のイラストとともに、“運命線”“生命線”といった手相が説明されています。
比較的、私は占いが好きな方なので、立ち止まり、自分の手と店頭ボードを見比べてしまいました。

DSCN1783

私の本「店頭手書きボードの描き方・作り方」でも触れていますが、単に店頭ボードで自分のお店や商品を売り込むだけでなく、「ちょっとしたお役立ち情報やトリビア」を店頭ボードに書いてあげると店頭ボードを見てもらう動機・理由作りに繋がり、店頭ボードを見てもらえる可能性を高められると言えます。

book
店頭〈手書き〉ボードの描き方・作り方
(※ぜひ、私の本のP131に、くわしく書いていますので、そちらもご覧ください、と軽く宣伝。)

また、そもそも、この店頭ボードに対し、占いに興味ない人は、まず、立ち止まらないでしょう。
私のように、多少、占いに興味があるから、自分の手相が気になり、店頭ボードをの前で立ち止まってしまうのです。そういう意味では、来店の可能性が非常に高い見込み客を集められる、優れた店頭ボードだと言えるでしょう。

 

 

手書きの店頭ボードではありませんが、もうひとつ、気になったお店がこちら。
石鹸のお店です。(テレビでも何度か紹介されているようなので、有名なのかも知れません)

DSCN1781

“ちまき”のようなものが至る所につられ(恐らく、商品パッケージだと思います)、山ほどあるお店の中で、ひときわ個性的なため、印象的でした。

ふと、店頭を見ると・・・・

DSCN1782

石鹸の実物展示と共に、「触ってみてください」のメッセージ。
思わず、触らずにはいられません。
通りすがりに、立ち止まり、プニプニと触っていくお客さんがたくさん、いらっしゃいました。
触ってみると、本当に不思議な触感で、「これ、何?」と、もっと商品を詳しく知りたいと、店内へ入りたくなります。
珍しい商品の場合、やはり、実物展示は効果的ですね。
まだまだ、撮影してきたので、機会があったら、鎌倉編パート2をやるかも?しれません。

 

【ちょっと、おまけ】
ちなみに、鎌倉の目的は、流鏑馬(やぶさめ)観賞でした。ありがたいことに、ご招待席をご用意いただき、最高の席で見ることが出来ました。
颯爽と駆けて行くので、中々、シャッターが合いませんでしたが、奇跡的に撮れたのは、これです。


IMG_5119 

カッコいい!!
昔の武士はこんな感じで馬を走らせていたのかなぁと、古の時代に想いを馳せた休日でした。