手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.148 自信がお客さんを呼ぶ

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

見た瞬間に、心奪われました。

147

美容院の店頭ボードです。時間に余裕があったならば、入っていたかもしれません。

美容院の店頭ボードだと、カットやパーマなどの料金メニューを書いている店頭ボードや、モデルさんの写真を大判印刷した看板などが主ですが、この突き抜け感が面白く、注目を引きます。

「魅力的な女性に変えてみせます!」
この一言に、美容師さんの腕への自信を匂わせていますね。
女性って、髪型が失敗すると、しばらく人と会いたくないくらい、ブルーになるものです。そのため、腕の良い美容師さんにお願いしたいと思うものですが、ここまで断言されると、お願いしたくなります。

性別や年齢層、時と場合にもよるのでしょうが、普通は美容院を利用する時って、道を歩いて気になった店に飛び込みで入るというより、ネットやクーポンで事前に調べて、予約をして、入店するということがほとんどだと思います。

そのため、美容院は店頭ボードの出し方が難しくもあるのですが、これくらいの強いメッセージを発信すると、普通のものよりも、かなり、印象に残ります。
また60分と時間を明確にしている点もポイントです。
美容院のほか、ネイルサロン、まつ毛サロン、化粧品のカウンセリングって、施術にどれくらいかかるか、分かりづらい場合が多いです。

もし、店頭ボードでお店を気になったとしても、「時間がすごいかかるかも?」と思うと、次の予定が気になり、入店を断念することもあります。
その点、60分とアピールされていれば、時間が明確なので、気になったら躊躇なく利用できます。
ぜひ、真似したいポイントです。