手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.133 店頭販促スポットを見落としていませんか?

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

たまに、「店頭ボードを出せない!」というご相談を受けます。
それは単純にスペースの問題が一つと、交通法の規制が厳しいためという場合があります。

「だから、うちのお店では店頭で販促活動が出来ないのだよね」という方がいるのですが、私からすると、まだまだ、店頭販促スポットは山ほどあると感じることが多いです。

せっかくの販促スポットで多くの方が意外と見落としているのが、外壁です。

例えば、こんな風に外壁を上手に活用をされているお店があります。
入口のガラス扉を一面つぶして、黒板を設定します。

 

こちらは、黒板ではなく、黒い模造紙を使っていますね。
模造紙ならコストは安い、時期や時間によって変更できるとメリットは多いです。

 

私の本で書いていますが、店頭ボードというのは必ずしも、A型看板やイーゼルである必要はありません。
立体であるA型看板は置けなくても、平面であるものなら、設置することは可能です。
また、今回、ご紹介した2店舗はとても立派なものを作られていましたが、たとえ、紙のチラシ一枚でも、店頭に貼れば、販促の役割をしてくれる立派な店頭ボードになります。

風が強くて、店頭ボード出せないという場合も、壁に貼り付けるタイプならば、幾分、風に強いですし、もしも飛んでしまっても、通行人に怪我を負わせることはすくないはずです。

ただ、外壁を活用しよう!チラシを貼ろう!と、張り切って、へペタペタ貼りすぎると安売りな印象になってしまうので、バランスに注意が必要です。