手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.13 なんで、うちの店は新規客が少ないの?

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


「常連さんは多くて、週に何回も来店してくれる。
だけど、新規のお客さんが少ないんだよなぁ。」

リピーターは大事ですが、そればかりでなく、同時に新規客も開拓していかなくては、売上は伸びていきません。

さて、なんで、新規客が少ないかという答えって分かりますか?

その理由の一つには、お店への入りづらさにあるかもしれません。

 

一般論ですが、若い女の子はガード下っぽい雰囲気よりもおしゃれな内装のお店を、年配のサラリーマンはカフェ風のお店よりも和風で落ち着いたお店を好みます
このように、 お客さんは、お店を選ぶ際に、商品やサービスだけでなく、店内の雰囲気や客層も気にするものです。

 

たとえば、窓が大きく、店内の雰囲気が外から見えるのならばいいのですが、窓がない、お店が地下や2階にあるので、店内の雰囲気が外から全く見えないという場合は・・・
「雰囲気の悪い店・自分の好みでないお店だったら、嫌だな」
と、本来は自店のターゲットであるはずのお客さんを不安にさせてしまい、逃しているかもしれません。

 

ちなみに、私は、閉ざされたドアを見ると、
「一見客はお断りなのかな?常連さんばっかりで、冷たくされたら、嫌だなー」
と、まず、入店しません。

 

そこで、商品・サービスのアピールに加えて店内の雰囲気を紹介する、【お店紹介看板】が有効なのです。

このお店では、店内の写真に加えて、コメントまで書かれているので、さらに、入りやすい雰囲気を演出しています。

また、店内を紹介してあると、「開かれたお店」という印象も与えられますので、「常連さんだけでなく、新規客でも入っていいのだ」と安心してもらえるでしょう。

 

例えば、今、出しているA型看板に、店内の写真を1枚張るだけでも、ずいぶん、違うと思いますよ。

店内紹介看板で、「入りやすいお店」を目指しましょう。