手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.126 季節販促で好感度アップの店頭へ

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <11月・12月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

今週はクリスマスウィークですね。
いくつになっても、クリスマスシーズンは心がワクワクするものです。

六本木にはこんな立派なモニュメントを飾っているお店もありました。

 

皆さんのお店では、店頭に、何か、クリスマスアイテムは飾っていますか?

もしも、まだ飾っていないのであれば、立派なものでなく、ちょっとしたツリーやリースでもいいので、店頭に飾ってみませんか?

「うちのお店はクリスマスに関係ないから・・・」
確かに、クリスマスに関連しないお店であれば、ツリーやリースは不要なものです。

しかし、たとえ、不要なことだったとしても、リースを一つ、飾ることで、店の前を通る人の目には、「気遣いのある店」と映ります。

つまり、本来、関係ないところまで手をかけられるということは、細やかなお店であり、接客も親切に違いないという、印象をあたえることが出来るのです。

最近では、コンビニでもちらほらと、ツリーを出している店舗があります。
もし、ツリーを出してるコンビニがあったら、出していないコンビニと見比べてみてください。

たった、ツリーひとつのことなのに、出していないコンビニと出しているコンビにだと、後者のほうが、見た側の好感度が圧倒的に高く感じるはずです。