手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.123 2階の店舗も、店頭ボードをフル活用できる!

 コラム

 

店頭ボードは路面店のお店、道路に面していないと使えないのではと、考える方も多いと思いますが、アイディア次第では、階上のお店でも活用することは可能です。

先日、JR南武線の登戸(神奈川件川崎市)という場所へ行ってきました。
この駅を降りたのは初めてだったので、もの珍しく、きょろきょろとしていると、駅前に大きな複合ビル。

その2階に中華料理店がはいっていたのですが、上手に手書きボードを使っていました。

ちょっと分かりづらいので、拡大すると。。。

窓際に2つの手書きボードが!

 

写真で見ると、ちょっと迫力に欠けて見えるかもしれませんが、実際は、ドーーーーン!!!という感じで、非常に目立っていました。
文字の大きさも、下から見上げた際に、ちょうど良いサイズで絶妙。

この店が入っているビルは、高さが5~6階くらいあり、各階に飲食店が多いので、激戦ビルなのですが、手書きボード効果で、パッと一番にこの店が目に入ってきますので、思わず、足を吸い込まれる人は多いでしょう。

路上に置くだけが店頭ボードではなく、このような上手な活用方法が、あるのだと、私自身、とても勉強になりました。

 

ちなみに、登戸駅というのは、藤子Fミュージアムの最寄り駅で、なんと、このビルの近くに、ミュージアム行きのバス停があります。
実際にバスに立ってみたのですが、ちょうどバス停から、手書きボードが、よく見えます。
新たな観光スポットに来た人々の取り込みのため、ということも、お考えになっているのかも知れません。