手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.118 手書き店頭ボード VS パソコンPOP

 コラム

オンライン限定セミナーのご案内 <9月・10月開催>

今こそ、店頭ボード・POP…をアップデート! 
「お客様が立ち寄りたくなる、これからの店頭販促」

詳細はこちらへ


 

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」

詳細はこちらへ

 


 

手書きの良さって、いくつかありますが、その中の一つが、温かみです。

例えば、この黒板。

サービス提供に時間を要する旨を謝罪している黒板です。

 

私は手書き店頭ボードの専門家ですが、必ずしも、全てが、手書きであるとは考えていません。

伝える内容だったり、お店の雰囲気によっては、パソコンで製作したPOPの方が、よい場合もあります。
でも、上のような場合は、パソコンで作ったPOPよりも、手書きの方が、気持ちが伝わるんですよね。

 

また、店・状況によって変わりますが、基本的には、店頭ボードとは黒板よりも、ブラックボードが良いと考えています。
それは、ブラックボードの方に書かれた文字のが、断然、視認性が高いし、読みやすいからです。

しかし、写真のようなメッセージの場合は、黒板のナチュラルさが、合いますね。

一つ一つのシーンによって、手書きとパソコン、黒板とブラックボード、と、臨機応変に使い分けていくと良いですよ。