手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.109  雰囲気・センスのある横田基地の看板たち

 コラム

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/bookspart3-page/  

 


 

コンサルティング / 社員研修/ セミナーのオンライン対応始めました。
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/online/

 


 

 

先日、用事があり、東京の西、福生市に行ってまいりました。
福生市というと、横田基地が有名です。

普通に、セブンイレブンで、米兵さんとすれ違うし、いたるところに英語表記の看板があるし、いつのまにか、アメリカに紛れ込んでしまったような不思議な気持ちになります。

基地の周囲には、洋服屋さんや飲食店など、色々なお店がありますが、ファサード・店頭ボード、どれをとっても、日本には、中々、見かけないテイストのものが多く、うずうずして、色々と撮ってきました。

見ているだけで、センス・感性の勉強になりますよ。

 

お店を囲うように生えている木々。もちろん、本物です。

 

 


 


これも全て、手製の壁画。圧倒されます。


これは、家具の買取・販売のお店の看板です。

 

確か、アクセサリーショップ。上に掲げられている看板も全て手作りです。

これは、タイ料理店。
ファサードの色のコントラストが日本では使わない感じです。

 

 

全体的に植物や花を使ったファサードが多いと感じました。

アメリカって、たいていの公共施設では芝生をきちんと整備しているし、緑が好きな国民性なのでしょうか?

「へーこんなのあるんだ」と、歩いていると面白いです。
もし、機会があったら、ぜひ、見に行ってみるといいですよ。