手書き販促物・店頭ファサード … 店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

(TEL対応 平日9時~18時 / メール365日受付中)
東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.55 なんで難しい言葉使うのか

 コラム

弊社代表・中村心の新刊、発売中! 
「多店舗展開の会社がやるべき、店頭集客力の最大化戦略」
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/bookspart3-page/  

 


 

コンサルティング / 社員研修/ セミナーのオンライン対応始めました。
詳細はこちらへ
https://www.chanchacapoo.com/online/

 


 

 

私は、株に関する記事を書くライターのお仕事をしていたことがあります。

記事を書く前には、その会社のHPを見て、どんな事業をしていて、どんな商品を出しているのかなど、細かく調べます。
そのため、かーなりの数の会社のHPを見てきました。

そこで感じたこと。

どうして、難しい言葉ばっかり使うのかということ。

 

会社概要というのは、一般の消費者に「うちの会社はこういうことをやっているんですよー」と、伝えるもの。
なのに、中には専門用語ばかりを使用している会社もあります。
そのため、いちいち用語を調べながら読まなくてはいけなくて、理解するのに大変苦労したのを覚えています。

 

でも、それって自分にもいえることだなぁと、原稿を書きながら、最近、気づきました。

私は店頭ボードのプロです。
日々、販促やマーケティングについての勉強をするようにしています。
だから、もしかしたら、自分も、ついつい、一般的でない、難しい言葉を使っているのではないか。

 

そして、これは店頭ボードにもいえます。
お店にとっては、常識の言葉が、お客さんにとって一般的とは限りません。

専門用語では、お客さんの足を止めることはできません。
だって、理解できないのだから。

店頭ボードを書く前にはいったん、考えてみてください。

これって一般的な言葉???
と、これは自分への戒めも込めて。