手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

Vol.115 ランキング1位なら、店頭ボードでどんどんアピールするべき!

 コラム

 

今日は手書きボードではありませんが、こないだ見つけた看板をご紹介します。

リラクゼーション・整体の看板ですが、よーく左上を見てみると。。。。

 

口コミランキング第一位というマークが貼られています。

これって些細なことですが、これのアリ・ナシでお客さんのお店に対する印象は、かなり変わります。

整体、エステ、マッサージとは、どんな業種業態のお店よりも、信頼・安心感が重要だと考えます。

なぜなら、体を触られたり、エステの場合は裸身を見せることもあるわけで、いくら価格が安くても、信用と安心のない店で施術を受けたいとは、思わないものです。

 

では、どうやって、その信頼と安心感をアピールするのか。

その方法の一つとして挙げられるのが、同店がやっているような、ランキングで順位が高かったとか、何かの賞を受賞した等という「栄冠」です。

もちろん、「みんなが評価しているお店は嫌だ」という人もいますが、また「どうせステマじゃないの?」と猜疑心を持つ人もいます。
(写真のお店がそうだということではありません)
でも、そういった方々は、実は少数派です。

大多数の消費者は無名のお店よりも、何らかの栄冠を持っているお店に対して、安心し、入店意欲がわくものです。

また、栄冠とは、何も受賞だけでもありません。私の近所に小さい和菓子屋があります。
そこのお店が、最近、扉に一つの張り紙を始めました。

「大丸東京店への出店を始めました」

大丸東京といえば、超一等地の一流のデパート。
下町の小さな和菓子屋が出店しているというのは、快挙であり、味が確かといいう証拠と言えるでしょう。

そう思ったのは私だけではないようで、店の前を通る人が「大丸に入ったんだー」と感嘆の声を上げ、「せっかくだから」と、店内へ吸い込まれていくのです。

つまり、大丸東京に出店した=大丸東京に認められた、という栄冠が、お客さんの頭の中に、出来上がったのです。
稀に、栄冠をアピールすることを嫌がる方がいます。
しかし、栄冠とは、安心してお客さんに来店してもうための心配りであり、お客さんをひきつける魅力にもなり得ると私は考えます。