手書きボード・店頭販促の専門コンサルティング
株式会社 店頭販促コンサルティング

tel:03-3820-2925

東京都中央区日本橋室町1丁目13番1号 4F

文字サイズ

コラム

コラム

Vol.387 目立つボードの作り方とは?

  他店よりも目立つボードを作り、一人でも多くの通行人を引き付けたい。 これは、店頭ボード販促に取り組んでいる全てのお店が願っていることかと思います。   そのために、多くの方が真っ先に取り組むのが、沢山の色マーカーを使って、店頭ボードをカラフルに仕上げること。 確かに、色マーカーを沢山、使うことで…

» 続きはこちら

コラム

Vol.386 「来店したい!」と、気になるボードの秘訣

  今週は手書きボードではなく、ポスター型ボードを紹介します。 先日、ランチタイムのオフィス街を歩いていたら見つけたのが、こちらのボード。 「唐揚げ 食べ放題」の文字が一際、目を引きます。 一般的に、ランチメニューを紹介する様なボードの場合には、メニュー紹介を最も大きく目立つ様にします。 そういう意味では、こ…

» 続きはこちら

コラム

Vol.385 センス抜群!お店を覗きたくなる店頭ボード

  今週は、キャンドルショップで見つけた店頭ボードを紹介します。 見た瞬間、「カワイイ!」と立ち止まってしまいました。 ボードの文字配置・イラスト、そして周囲に置かれたキャンドルも完璧。 ボードに惹かれて店内も見たのですが、女性ならば思わず歓声を上げたくなる様なカワイイ商品ばかり!お店のセンスある雰囲気を10…

» 続きはこちら

コラム

Vol.384 「お薦め提案ボード」でWIN-WINになろう

  先日、名古屋駅に行く機会がありました。 新幹線の時間まで余裕があった上、小腹も空いていたので、駅構内の駅弁屋さんを見ることに。   名古屋駅といえば、ご存じ、日本有数のターミナル駅。また、名古屋は名物料理が多いこともあり、目移りするほどの沢山のお弁当が売られていました。 どれも魅力的な商品ばかり…

» 続きはこちら

コラム

Vol.383 思わず立ち止まりたくなるキラーワード

  先日、新潟を訪れた際に、見つけた店頭ボードを紹介します。 大きく書かれた「BEER」という文字の下に、こんな一言。 「新潟のビール、飲みませんか?」 私はビールは飲めないのですが、それでも、「新潟のビールとは、どんなものだろう?」と強く気になり、立ち止まってしまいました。   「新潟のビール、飲…

» 続きはこちら

コラム

Vol.382 お手軽?店頭ボードの華やかテクニック

  何度となくコラムでお伝えしていますが、実は、郵便局は店頭ボードが面白いものが多いです。   <過去の関連コラム> Vol.34 郵便局のA型看板 Vol.144 郵便局で見つけた店頭ボード2 Vol.212 アイディアを盗みたい郵便局の店頭ボード   先日も、こんな店頭ボードを見つけま…

» 続きはこちら

コラム

Vol.381 店頭ボード販促で効果を上げる重要ポイント

  先日、繁華街を歩いていたら、見つけた店頭ボードを紹介します。 きっと大半の方が、説明を聞かず・読まずとも、何屋さんのボードなのか、理解できたかと思います。 そう、イタリア料理店です。   何度となく申し上げていますが、店頭ボードは通行人を対象とした販促物です。 そのため、店頭ボードにおける集客力…

» 続きはこちら

コラム

Vol.380 外国人観光客を集客したいなら…

  先日、新潟県の越後湯沢を訪れました。 越後湯沢といえば、冬はウィンタースポーツ目的の観光客で大人気。 平日に訪れたこともあってか、日本人よりも外国人の方が多かった様な気がします。 そんな状況を体現する様な、店頭ボードを見つけました。 日本語・英吾・韓国語・中国語の四カ国対応の店頭ボードです。 こういうボー…

» 続きはこちら

コラム

Vol.379 店頭集客力の強いお店の秘訣

  「店頭ボードは何枚出せばいいですか?」という質問をしばしばお受けすることがあります。   この正解はお店の大きさや立地等の条件によって変わるので一概に断言はできないのですが、一般論で言うと、「2種類のボードを出しましょう」とお伝えすることが多いです。   一つは、集客するためのボード。…

» 続きはこちら

コラム

Vol.378 イラストを書いたボードで集客する条件

  今週は、先日、プライベートで横浜中華街を訪れた際に見つけた店頭ボードを紹介します。   横浜中華街といえば、約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗が存在する日本最大の中華街。(Wikipediaより) 余りにお店が多すぎて、どこのお店で食事しようか迷っていたところ、この店頭ボードを見つけ…

» 続きはこちら